« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年7月

「未完成」は未完成にあらず、「グレート」は・・・えーと

とんでもなく久しぶりにサントリーホールに出かけ来た。聞いたのは上岡敏之指揮の東京フィルハーモニーで、演目はシューベルトの「未完成」と「グレート」である。

その日はたまたま赤坂近辺に出かけていて、夕方早めの時間帯に用事が片付いたので、ふと思いついて散歩がてらサントリーホールまで歩き、そこでそのままふらふらと当日券(A席6,000円なり)を購入しての観賞であった。

というわけで予備知識ゼロだったんであるが、指揮の上岡敏之はどうやら最近(?)人気の指揮者らしく、お客さんの観賞姿勢がとっても前のめり(笑) 演奏自体はなかなか面白かったが、「未完成」でも「グレート」でも、それぞれにブラボーが飛ぶ大喝采。「グレート」の時はスタンディングで拍手してる人たち(みんな女性)もいたし、なんとも素敵な盛り上がりでありました。

で、演奏だけれど、「未完成」ってこんなに長かったのか!が第一印象(←こら) あ、でも冗長という意味ではなく、内容が濃くてスケールが大きいという意味ね(苦) わずか2楽章でもういっぱいいっぱいという感じで、題名は「未完成」だけど、異形の二楽章交響曲ってことでオッケーと改めて思ったのであった。なんせ暗いし。

一方の「グレート」は、これはまさに個性的と言って宜しかろう。びっくりするほど明るい曲になっていて、こんな曲に「グレート」と名付けるのは、まさしく名前負けと思わせられる演奏。いや、褒めてますよ、もちろん。シューベルトだって、いつでも暗くて深刻なわけないしねぇ。プログラムの曲解説によると、若い時分に楽しい旅行をした思い出が詰まった曲・・・だそうだし。とはいえ、全曲エンディングのディミヌエンド処理にはびっくり。「えー、あれで終わりにしちゃうの?」みたいな肩すかし感であったけれど、あれを若きシューベルトの茶目っ気と捉えるか、はたまた指揮者の思わせぶりな解釈と取るかは意見の分かれるところかも。ちなみに僕個人はオールドファッションな人間なので、エンディングはオーソドックスにどかーんと終わって欲しかった派である。

それにしても、あんなにじっくり「未完成」を聴いた(聴かせられた)のは実に久しぶり。やっぱりたまにはコンサートに出かけて生演奏を聴かなくちゃいけないな、と思い知らされたのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »