« 準決勝:スペイン対ドイツ | トップページ | vs.アルディージャ、その他の試合 »

決勝:スペイン対オランダ

スペイン 1-0 オランダ

「攻撃的」と評される両チームの決勝だけに、オープンな攻め合いが期待されはしたが、やはり決勝は決勝で、点の入る気配があまり無い、緊迫したゲーム展開となった・・・ことはなったのだが、うーん、オランダのラフな守備ってのはどうも決勝まで進んだチームには相応しくないような感じであった。

スペインを調子に乗せまいとしての、「ファウル覚悟で止めてやる!」的プレーはまあわからないでもないが、そもそもあんまり美しくない。まあでも、ドイツのプレスをひらりひらりとかわしていたスペインがあれだけ倒されまくるってのは、やっぱそれだけオランダの出足が良かったってことなんだろうか。微妙である。

でまあ、見方によっては「試合を壊しにいった」オランダに、サッカーの神様が罰を与えたのかどうか、PK戦の気配が漂い始めた延長後半11分に、イニエスタが見事な決勝ゴール。この場面、イニエスタがあんまりキレイにフリーになったので、一瞬「え? 今のオフサイドじゃないの?」と思ってしまったのだが、リプレイを見ると、一度はオフサイドポジションにいたイニエスタが、すっと動き直していたのだな。ゴール後にオランダDFがレフェリーに詰め寄っていたのは、恐らくイニエスタがあのままオフサイドポジションにいたものと信じ込んでの抗議では。

「攻撃的」な割にはそんなに得点の無い今大会スペインであったが、前も書いた通り「芸術点」では恐らくぶっちぎりのトップ。人もボールも動いて楽しいサッカーではあるけれど、物足りないとすればやはり2点目、3点目を取りに行く姿勢のような気がする。攻撃的なチームは、やっぱり点を取ってナンボっすよ。というわけで次回大会には、毎試合3-2ぐらいのバカ試合をやらかすチームの登場を期待したい。

*********

とうとう、と言うべきか、やっとと言うべきか、一ヶ月にわたったお祭りが終わってしまった。今週末からはJリーグも再開する。そこで展開される試合のレベルに、恐らくは深いため息をつくことになるのだろう。それでも「おらがチーム」の試合は、ヨソの国の代表なんかよりも、はるかにエキサイティング(なはず)である。お楽しみはまだまだ続く。

|

« 準決勝:スペイン対ドイツ | トップページ | vs.アルディージャ、その他の試合 »

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/48863801

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝:スペイン対オランダ:

« 準決勝:スペイン対ドイツ | トップページ | vs.アルディージャ、その他の試合 »