« 準決勝:オランダ対ウルグアイ | トップページ | 決勝:スペイン対オランダ »

準決勝:スペイン対ドイツ

スペイン 1-0 ドイツ

アルゼンチンをほぼ完璧に叩きのめして意気上がるドイツに対し、パラグアイにやっとこさといった風で勝ち上がったスペインとなると、戦前にはドイツ優勢と見た人がほとんどだったのではないか。いやほんと、勝負は下駄を履くまでわからないとはよく言ったもんである。

ドイツが慎重すぎたのか、はたまたスペインがついに本調子になったのか、恐らくはその両方だったような気がする。正確に数えたわけではないのだが、前半で接触プレーによるファウルはほとんど無かったのでは。それだけスペインのパス回しが素早く正確だったとも、あるいはドイツのプレスが甘かったとも見える。そしてこれもまた、その両方だったのだろう。

それにしてもスペイン。サッカーに芸術点があれば、この試合こそ今大会を通じて最高点に値したに違いない。芸術点10点につきゴール1点換算とかだったら、完璧なワンサイドゲームだったろうに、スコアは最小得点で、それもパスワークには何の関係もないCKからのヘディング一発とは。

ドイツはやっぱり疲れていたんだろうか。ここまで破壊力を見せつけてきたカウンターにもスピードと迫力が欠けていた。それとミュラー不在も痛かった。せっかく羽生エジルにボールが渡っても、そこから先にいるのがクローゼだけとなると、やはり脅威半減といった感があった。終盤のパワープレイはさすがの迫力ではあったが、やはりちょっと焦り気味で、結果として敗れたセルビア戦の再現となってしまった。

準決勝にしてついにスペインの本領発揮となった試合であったが、どうにも気になるのは、スペインが「2点目を取りに行かない」雰囲気満点なところか。いや、もちろん2点以上取った試合はあるんだが、なんというか常に「1点取れればとりあえずいいや」みたいな感じを漂わせてる気がするんである。決勝の相手のオランダも、ほぼ毎試合失点しながらしぶとく(というより「何となく」)勝ち上がってきてるから、ある意味いい勝負な気もしないでもない。双方ダメっぷりを発揮して賑やかな点の取り合いになると楽しいんだが、悪い方にダメっぷりが出てスコアレスでPK戦とかになる可能性もあって、かなり心配である。

|

« 準決勝:オランダ対ウルグアイ | トップページ | 決勝:スペイン対オランダ »

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/48838111

この記事へのトラックバック一覧です: 準決勝:スペイン対ドイツ:

« 準決勝:オランダ対ウルグアイ | トップページ | 決勝:スペイン対オランダ »