« 予選リーグ第1ラウンド終了:グループE | トップページ | オランダ戦展望 »

予選リーグ第1ラウンド終了:グループF&G&H

残りはまとめて・・・

[グループF]

・イタリア 1-1 パラグアイ(未見)

決勝トーナメント常連国らしいスロースターターぶりでドローの初戦となったイタリア。もっとも前回大会では、予選リーグでの失点は確かオウンゴールの1点のみだったはずだから、同じスロースタートといっても、少々様子が違う感じがしないでもない。まあでも、この2チームが順当に勝ち抜けそうな感じではある。


・ニュージーランド 1-1 スロバキア(未見)

諸般の事情により、この試合は見逃してしまった。第一戦を終えて、グループ4チームすべてが勝ち点1の横一線となってしまったので、数字上はいきなりここが「死の組」になっちゃったんだが、うーん、失礼ながらやっぱりこっち組の目はなさそうだなぁ。


[グループG]

・コートジボワール 0-0 ポルトガル(未見)

この試合も見られなかった(泣) いやあ、少々大がかりな口腔治療をやったもんで、痛くて起きてられなかったんである。おまけに痛み止め飲んだら一気に眠くなるし。

それはともかく、どうやら見逃したのはやたらと惜しかったっぽい充実のスコアレスドロー。退屈な1-0とエキサイティングな0-0、どちらに価値があるかってのは、W杯に限らず難しい問題である。


・ブラジル 2-1 北朝鮮(未見)

ブラジルも例の如くにスロースタート。しかし、ハイライトで見ただけとはいえ、ブラジル一点目のマイコンのシュートには驚愕。角度の無いところの、更にGKとゴールマウスの、ボール1個分も無いような(←それは無理)隙間にぶち込むとは。

対する北朝鮮、終了間際の意地の1点は立派。ポルトガルあたりとは、意外といい試合をしちゃいそうな気がしてきた。


[グループH]

・ホンジュラス 0-1 チリ

ムキャー!(by のだめ) な、なんて楽しいサッカーだ!>チリ 例えは悪いが、遊ぶのが大好きな犬たちが、フリスビーか何かを追いかけるように、喜々としてピッチを走り回ってるみたい。W杯だろうがなんだろうが、自分たちが楽しめるサッカーをやって、それで勝てればいいんだもーん、てな感じである。リードしてる終盤、相手の攻撃を跳ね返してのカウンターのチャンスに、なんと5人ぐらいの選手が一気に相手PA付近に殺到するだなんて、いやもう常識外れ。いっぺんにチリのファンになってしまったではないか。もっとたくさんこのチームの試合を見たいので、このまま勝ち抜けて欲しいものである。


・スペイン 0-1 スイス

無敵艦隊、いきなりの黒星発進。うーん、さすが「本番に弱い」スペインだ(笑) まあでも、敗れたとはいえスペインのサッカーはやっぱり素晴らしかった。華麗なパスワークの連続からの、流れるように何度も繰り返される攻撃。スイスは確かに頑張っていたが、内容的にはどう見てもスペインが圧倒していたし、せめてドローが妥当だったような気がするが、サッカーには芸術点は無いからねー。


*********

というわけで、第1ラウンドは終了。スロースタートなところもラッキー/アンラッキースタートなところも、とにかく第2戦からが本当の勝負となる。お楽しみはこれからだ!

|

« 予選リーグ第1ラウンド終了:グループE | トップページ | オランダ戦展望 »

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/48667136

この記事へのトラックバック一覧です: 予選リーグ第1ラウンド終了:グループF&G&H:

« 予選リーグ第1ラウンド終了:グループE | トップページ | オランダ戦展望 »