« 決勝トーナメント1回戦:韓国対ウルグアイ、ガーナ対アメリカ | トップページ | 決勝トーナメント1回戦:オランダ対スロバキア、ブラジル対チリ »

決勝トーナメント1回戦:ドイツ対イングランド、アルゼンチン対メキシコ

・ドイツ 4-1 イングランド

グループリーグをお互い危なっかしく勝ち上がってきた両チーム、どこをどう間違えたか、決勝トーナメント1回戦での顔合わせとなってしまった。前評判なら明らかにイングランド有利・・・のはずだったのだが、予選での危うさ加減ではむしろドイツのほうが微妙に優位っぽかったような。

で、試合開始。どちらも屈強な大男達が縦に早いサッカーでぶつかりあうって感じで、実に迫力満点。とにかく先制してペースを握りたい感全開でのオープンな展開となった。20分ほど渡り合ってちょっと気が緩んだわけでもあるまいが、ドイツのゴールキックがそのままイングランドPA付近まで運ばれ、そこで競り勝ったクローゼが先制点。なにこれ、ゴールするまでGKとFWの二人しか関わってないじゃん。ドイツらしいというか何というか。

さらに前半32分、ポドルスキが追加点。うーん、セルビア戦で外しまくった男とは思えん(笑) 攻めるしかなくなったイングランドは37分にアプソンのヘッドで反撃の狼煙をあげると、その直後にランパードが絶妙のミドルシュート、同点!・・・にならなかったのは周知の通り。これ、むしろ誤審するほうが難しいのでは。

この「幻のゴール」が試合の行方を決めた、というわけでもなくて、後半はドイツの強烈無比なカウンター2発でイングランド落城。2点とも「カウンター」の例として、サッカーの教科書に載せたいくらいの完璧さであった。

てなわけでドイツが4-1で完勝。いやはや、無慈悲な連中である。戦車戦みたいなこの試合であったが、これが南米勢相手だとどうなるのか。かなり楽しみである。


・アルゼンチン 3-1 メキシコ

未明のこの試合は、もちろん録画して「早起きタイムシフト」観戦である。今回はちゃんと延長まで想定して録画設定したよ! 必要無かったけどさ(泣)

それはともかく、相変わらず強いんだか弱いんだか(いや、弱くはないんだけど)良くわからないアルゼンチンが、謎のオフサイド見逃しで先制してしまい、その後はやっぱりドタバタと試合を進めて結局3-1。チームとしてのまとまりとか戦術とか、メキシコはほんとにしっかりしていて良いチームだったと思うのだが、どうにもうまいことハマらずに反撃は1点どまり。なんてゆーか、相性の問題なんでしょうかね。というか、今大会でアルゼンチンと対戦するチームは、どこもみんな調子を狂わされてる気がする。謎だ。

でもって次はベスト4をかけてのドイツ戦。「マラドーナとチルドレン(えー?)」の呪いに、果たしてゲルマンの騎士達は対抗できるのでありましょうか? なんか中世の騎士物語っぽくなってきたでござる(意味不明)。

|

« 決勝トーナメント1回戦:韓国対ウルグアイ、ガーナ対アメリカ | トップページ | 決勝トーナメント1回戦:オランダ対スロバキア、ブラジル対チリ »

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/48745572

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝トーナメント1回戦:ドイツ対イングランド、アルゼンチン対メキシコ:

» アルゼンチン対メキシコ 2010 [今日起こったニュース速報]
FIFA コンフェデレーションカップドイツ2005で記録した全56ゴールを完全収録!!【新品】UMD VIDEO FIFA コンフェデレーションズカップドイツ 2005 スターズ&オール56ゴールズfor PSP STARS&ALL56GOALSロナウジーニョ カカ 中田英寿fantasista ファンタジスタ商品価格:800円レビュー平均:0.0 昨日のアルゼンチン対メキシコで、アルゼンチンの数人の選手が、腕に黒い紋章を付.... 昨日のアルゼンチン対メキシコで、アルゼンチンの数人の選手が、腕に黒... [続きを読む]

受信: 2010.06.29 01:01

« 決勝トーナメント1回戦:韓国対ウルグアイ、ガーナ対アメリカ | トップページ | 決勝トーナメント1回戦:オランダ対スロバキア、ブラジル対チリ »