« vs.モンテディオ~連敗脱出! | トップページ | 土木工事的口腔事情 »

日本女子オープンゴルフに行ってきた

記事にするのがすっかり遅くなってしまったが、先週開催された日本女子オープンゴルフ選手権を見に行ってきた。

予選2日目を見に出かけたのだが、この日はあいにくの雨。午前中は小雨模様だったのだが、昼前後からは風も出てきて、選手にもギャラリーにも過酷なコンディションとなってしまった。で、そんな中、朝の9時頃から夕方4時近くまで、たっぷりと観戦してきたんである。

実のところ人生初のゴルフトーナメント生観戦だったので、まるで勝手が分からないながらも、入り口でもらったコースレイアウト図と組み合わせ表を頼りに、コース内をあちこちウロウロ。特にお目当ての選手がいるわけでもないので、結果として大勢の選手のプレーを目の前で見ることができた。

この日好調だったのは宮里美香で、ちょうど11番でのティーショットを見ることができた。とはいえ彼女の組で印象に残ったのは有村智恵で、重心の低いスタンスでの、大きなスイングアークとヘッドスピードの速さに驚かされた。確かここではスプーンで打ったと思うのだが、あの飛距離はとてもスプーンのそれではない。いやはや、恐れ入った。

その他にも有名どころの選手は一通り見ることができたので、ミーハー的な興味は大満足であった。良くゴルフ雑誌なんかに「アベレージゴルファーは女子プロを参考に」とかなんとかいう記事が出ることがあるが、実際に目の前で見てみると、とてもじゃないが参考にならん(笑) スイングそのものには各選手の個性が出はするが、皆一様にヘッドスピードがバカっ速い。女子プロも、今やすっかりパワーゴルフの世界である。まあ、強いて参考になる部分を探すとすると、ショットに入る前のスムースなルーチンと、安定したスイングのテンポといったところだろうか。

あと感心したのは、どの選手もファン対応が良かったことで、グリーンを終えて次のホールに向かう際にギャラリーに声をかけられたりすると、その都度にこやかに「ありがとうございます!」などと応じていた。現在の女子プロ人気というのは、案外こんな小さなところにもその理由があるのかなと思ったり。

というわけで丸一日ちっとも飽きずに過ごしたんだが、ラッキーなことに翌日の決勝ラウンド初日のチケットまで転がり込んできたので、二日連続で観戦。もっともこの日はさすがに決勝ラウンドだけあってギャラリーも多く、前日のようにのどかな観戦とはならなかった。

ギャラリーが増えると歓声に拍手、時々ため息(笑)なんかも賑やかで、これはこれで雰囲気があって良かった。惜しむらくは一部の人気プレーヤーにくっついて歩いている集団(親衛隊??)で、ひいきのプレーヤーを応援するのはいいが、その選手がパットを終えると、同じ組の選手のパッティングが残っていても、気にせずわさわさと次のホールに移動したり、マナーの悪いこと甚だしい。男子の方でも「遼君アーミー」みたいなのがマナー無視で暴走したりしてるみたいだし、こういうのはなんとかならないもんだろうか。

それはともかく、トーナメントの観戦は実に楽しかった。少なくとも自分がプレーするのであれば、是非一度出かけられることをオススメする。でもって、狙い目は予選であると強く主張しておこう。予選落ち前だから、とにかく大勢の選手が見られるし、ギャラリーも少なめだから、場所によってはまさに目の前でプレーする姿を見ることができる。いやはや、すっかり病み付きになりそうだ。

|

« vs.モンテディオ~連敗脱出! | トップページ | 土木工事的口腔事情 »

「ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/46417104

この記事へのトラックバック一覧です: 日本女子オープンゴルフに行ってきた:

« vs.モンテディオ~連敗脱出! | トップページ | 土木工事的口腔事情 »