« 「スペインの貴婦人」~復習と予習 | トップページ | vs.ジュビロ(2009ナビスコカップ予選) »

「ツレがウツになりまして。」

NHKの金曜ドラマ「ツレがウツになりまして。」の第一回を見てみた。

原作を読んでないから良くわからないんだが、藤原紀香演じる妻の、夫に対する「ツレ~」という呼び方に違和感を覚えつつも、ドラマ全体としてはとてもしっかりと丁寧に作られていて、残りの二週分も見ようと決めたのであった。

とまあ、そんなことはどうでもいいんだが、第一回の冒頭に吉松隆「プレイアデス舞曲集」の一曲が流れてきた。全編吉松隆の音楽なのかと思ったら、そんなことはなくて冒頭の「5月の夢の歌」とあともう一曲が流れたのみだったのだが、とりあえず冒頭の選曲はナイスだなぁと思っていた。

で、後日その吉松隆のblog「八分音符の憂鬱」を巡回したところ、ちょうど「ツレがウツになりまして。」の記事が! 自分の曲が使われるとは本人も知らなかったようで、プチシンクロニシティみたいな顛末が語られていた。

この話にはおまけがあって、その後原作の「ツレ」さんから吉松隆にメールがあったそうで、これらの選曲は「ツレ」さんからのリクエストだったとのこと。ドラマの中で「ツレ」役の原田泰造が片付けてるCDの中に、「プレイアデス舞曲集」のCDも混じっていたそうだ。

僕自身は何にも関わってないんだが、思わぬ形でドラマの楽屋話を目にすることとなった。なんか得した気分である(やや違)

ちなみに、「5月の夢の歌」が入っているのはこのCD↓

吉松 隆 : プレイアデス舞曲集 2

第1集」と並んで、気が遠くなるほどに美しいアルバムである。

|

« 「スペインの貴婦人」~復習と予習 | トップページ | vs.ジュビロ(2009ナビスコカップ予選) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/45217301

この記事へのトラックバック一覧です: 「ツレがウツになりまして。」:

« 「スペインの貴婦人」~復習と予習 | トップページ | vs.ジュビロ(2009ナビスコカップ予選) »