« vs.アントラーズ~J1リーグ2009シーズン開幕 | トップページ | 「4TEEN」 »

vs.FC東京(2009シーズン第2節)

レッズ 3-1 FC東京(TBS)

「先生! 城福君が落ち込んでまーす!」
「ああ、いいんだいいんだ、ただの自意識過剰だから」

******

解説の金田に思い切りダメ出しされていたが、確かにFC東京の選手交代は意味不明というか焦りすぎだったかもしれない。それまではお互いがポゼッション志向でボールを奪い合っていたのが、あの交代以降徐々に崩れてしまったわけで、前回対戦に続いてまたもや先方の自滅っぽい一戦であった。

とはいえ、開幕戦に比べればレッズの動きが格段に良くなったのも事実であろう。特に先発したエジミウソンの攻守にわたる献身的なプレー振りはMOM級であった。

中盤から前線にボールを運びつつあるタイミングで奪われたりするシーンも多々あったが、その後の素早い切り替えと、相手より半歩早い出足からの再奪取には大いに感心した。監督効果ももちろんあろうが、個々の選手の頑張りが、いい形で連動しているように見えたのが何より嬉しい。

この試合の自分的ハイライトは3点目。左サイドを猛然と駆け上がった坪井が、中央でフリーの山田直輝に折り返して、さらにそこから右サイドでフリーになっていたポンテに渡してゴール。いやもう、このシーンだけで次の試合まで幸せな気分に浸れるってもんである。坪井のクロスがちゃんと得点に結びついたのなんて、リーグ戦じゃ初めてなんじゃなかろうか(感涙)

てなわけで、やたらと幸福感に満ちた一戦であったが、くそ~、こういう試合こそスタジアムで見なくちゃいけないよな。しくしく←今季参戦未定の人

|

« vs.アントラーズ~J1リーグ2009シーズン開幕 | トップページ | 「4TEEN」 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/44361859

この記事へのトラックバック一覧です: vs.FC東京(2009シーズン第2節):

« vs.アントラーズ~J1リーグ2009シーズン開幕 | トップページ | 「4TEEN」 »