« vs.FC東京(2009シーズン第2節) | トップページ | 「海竜めざめる」 »

「4TEEN」

4TEEN (新潮文庫)

「ふーん、これが直木賞受賞作かぁ」と読み進めるものの、何とも言えない違和感で落ち着かないこと甚だしい。僕が中学生の頃には、こんな14歳は周囲にいなかったし、恐らく今現在にだっていないだろう。なんたるリアリティの無さ、空想だけの産物、お気楽な連作集か…という評価が自分の中で固まったと思ったのだが、なぜか読後に「腑に落ちて」しまったのだった。

僕自身は、語り手である主人公たちが遭遇するような事件にはでくわしたことがないし、自分や周囲が驚くような恋愛もなければ、身近な人の死も無かった。恐らくは「何もなかった」中学生時代であるわけだが、それゆえにこそ、我々は「いや、中学んときは結構いろいろあったんだよ、俺も」と言いたくなるのだろう。内田樹言うところの「集団模造記憶」みたいなもんだ。

「4TEEN」を読んだ自分は、「こんな中学生いねーよ」と思いつつ、どこかで憧れを抱きつつ想像するのだ。「もし自分が今この時代に14歳だったとしたら、こいつらみたいになれたかもしれない」と。

今の14歳(あるいは10代)が読んでも、たぶん面白くない。「模造記憶」付きでしか14歳を回想できない大人こそが、この作品の読者に相応しい。というわけで、うん、かなり恥ずかしかったけど、オジサンには面白かったよ。

|

« vs.FC東京(2009シーズン第2節) | トップページ | 「海竜めざめる」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/44448082

この記事へのトラックバック一覧です: 「4TEEN」:

« vs.FC東京(2009シーズン第2節) | トップページ | 「海竜めざめる」 »