« 年始のコミック | トップページ | 感染家族 »

レッズ(Ver.2009)始動

昨季最終戦、ホームでの衝撃的な大敗から早一月半あまり。気がつけば今季のレッズが始動していたのであった。

岡野、内舘が戦力外となり、永井が移籍、相馬も退団と、僕にとっては寂しい気持ちでのオフからこちらである。戦力外の二人は仕方ないとして、永井や相馬を引き留められるだけの魅力を、今のレッズは持ち得ていないというのがなんとも悲しい。山瀬がレッズを去った時も同じような思いを抱いたが、「レッズの9番」が移籍を決意するとは、本当に寂しい限り。

監督もフィンケに替わり、同時にコーチ陣も一新…とまではいかないが、主要コーチ陣はフィンケの直参らしい。福田の役割がちと微妙だが、せっかくの機会だから、少しでも彼のキャリアに益する経験を積んで欲しいものだ。

たしか昨シーズン初頭には、「取れるタイトルは全部取る」ぐらいの勢いだった記憶があるのだが、今季はやたらと控えめに「土台作りのシーズン」と公言しているし、サポーターも概ねその姿勢に同感のようだ。お気に入りの選手達が去ってしまったのは悲しいが、今年は数多くのニューフェースに出会えるのだと思って、そちらを楽しみにしていよう。

サッカーのない週末は、やはりつまらない。開幕までははやる気持ちを抑えつつ、今季のレッズがどんなサッカーを見せてくれるのか、あれこれ妄想して楽しむことにしよう。

|

« 年始のコミック | トップページ | 感染家族 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

フィンケの元で、相馬が大化けするのではないかと密かに期待していたので残念です。
しかも、移籍先も決まらないままの退団なんて…
永井は、夏ごろにはもう移籍を考えていたようで、気持ちがすっかり離れてしまっていたのですね…。

まだまだ切り替えなんてできそうにないですけど、新体制をすごく楽しみにもしています。

投稿: くろ | 2009.01.16 20:56

>くろさん

コメントどうもです。いやぁ、永井にせよ相馬にせよ、エンゲルス体制が変われば残留かと思っていただけに、余計残念ですね。なんというか、チーム(とサポーター)そのものから心が離れていたというのが、なんともやりきれない気分です。まあ、移籍先での活躍を祈りつつ、試合で再会することがあれば、盛大にブーイングしてやりましょう(笑)

投稿: yuji | 2009.01.18 23:46

去る者は追わず。

彼らはプロ(であり自営業者)ですから自分を生かせる環境を求めるのは当然と思われます。

と考えつつ、我がレッズに欠落しているものは何か、と想いを巡らしております。

投稿: 還暦サポ | 2009.01.19 08:52

>還暦サポさま

あちゃ、コメントのお返事遅くなってすいません。
そうそう、「去る者は追わず」で当然なんですが、それでもやっぱり、「レッズを去る」に至った経緯とかに思いを馳せると、なんともむずがゆい気分になっちゃいますよね。フィンケ体制がどんな姿になっているのか、多少なりとも期待したいものです。

投稿: yuji | 2009.02.05 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/43752878

この記事へのトラックバック一覧です: レッズ(Ver.2009)始動:

« 年始のコミック | トップページ | 感染家族 »