« ヒップホップでダンシングゥ~♪ | トップページ | vs.ガンバ(2008ACL準決勝2nd Leg)~落日 »

vs.ウズベキスタン(2010W杯アジア最終予選)

日本 1-1 ウズベキスタン (NHK-BS)

思い起こせば11年前(だよね?)、W杯フランス大会への最終予選は、このウズベキスタン相手に幕を開けたのだったなぁ。確か6-3という派手なスコアだった、はず。でもって、その後の苦戦の連続で加茂監督が更迭され、岡田が監督に抜擢された初戦がやっぱりウズベキスタンだったわけである。(結果はドロー)

という因縁はさておき、ここまで2試合こなして2連敗中の相手ゆえ、やはり少々油断というか気の緩みみたいなものがあったような気がする試合展開であった。正直なところ、「あー、まったくフレンドリーマッチってのは気合いが入らねーなー」とか思ってしまった時間帯もあったんである。うう、この緊迫感の無さは、見ている自分のせいなのか、はたまたプレイヤーサイドの問題なのか。

マリノス時代の岡田監督を思い浮かべる限り、基本的な戦術の一つに「相手の良さを潰す」というのがあったわけで、レッズがマリノスとやる時は、大抵同じような潰し合い的展開がデフォルトだったような気がする。このタイプのサッカーは、面白味にこそ欠けるものの、勝率自体は比較的高めに維持できるのだと思う。欠点があるとすれば、今回のウズベキスタンのように、想定を上回って積極的に出てこられた挙げ句に先制されてしまった時のリカバリーが効きにくいことだろう。てなわけで、ボールこそ良く回っていたが、なんともスペクタクルに欠ける一戦に終始してしまったのであった。

*********

さてこの試合、レッズサポの目で見ると、長谷部の成長ぶりがとにかく頼もしかった。攻守にわたって存在感を示せたんじゃないかと思う。一方、闘莉王はバーレーン戦に続いての失点に絡むミス。クリアミスはまあ仕方無いとして、その後の相手ドリブルに追いつけないってのは、DFとしてちとヤバいだろう。そもそも怪我持ちなんだからして、無理して使うことも無いと思うんだがなー。次の試合あたりはあえてメンバーから外して、「きちんとコンディション調整してこないと使わないぞ」ぐらいのメッセージを送るべきではないかと。

|

« ヒップホップでダンシングゥ~♪ | トップページ | vs.ガンバ(2008ACL準決勝2nd Leg)~落日 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/42812147

この記事へのトラックバック一覧です: vs.ウズベキスタン(2010W杯アジア最終予選):

« ヒップホップでダンシングゥ~♪ | トップページ | vs.ガンバ(2008ACL準決勝2nd Leg)~落日 »