« vs.アル・カディシア(ACL準々決勝2nd Leg) | トップページ | 地デジ到来 »

夏の終わり、秋の始まり

ある取引先に、朝イチのアポで出かけた。

初めて行くところだったので、時間に余裕を見て行ったら、約束の20分ほど前に到着してしまった。どこかで時間調整しようと周囲を見渡すと、その会社の裏側に土手らしきものが見えたので、そちらに行ってみた。

土手の階段を上ると、目の前に広がったのは良くある川の風景。鈍色の川面に、河川敷のグラウンド。僕は河川敷に降りる階段に腰掛けて、そこで時間を潰すことにした。目に入るのは、ランニング姿で体操している初老の男性に、犬を散歩させているご婦人、土手上の遊歩道をジョギングする若い女性。

まだ夏は終わっていないとでも言いたげに日光は強く降り注ぎ、川が近いせいかあたりの空気も湿っている。それでも、ずっと吹いている風はひんやりとしていて、既に季節は秋なのだと主張している。そうやってぼんやり座っていると、頭に次々といろいろなメロディーが浮かんでくるので、小さな声で歌ったりハミングしたり… 

ふと腕時計を見ると、既に約束の時間になっていた。僕は立ち上がってズボンの尻をはたき、もう一度土手からの風景を見渡してから、目的の会社に向かった。

|

« vs.アル・カディシア(ACL準々決勝2nd Leg) | トップページ | 地デジ到来 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めての取引先に向かう、そのちょっとした間合いの心象風景が目に浮かびます。

投稿: 還暦サポ | 2008.10.02 20:33

>還暦サポさま

うひゃ、お恥ずかしい(汗) オチも何も無くてすんません、って感じですけど、なんか印象に残ったもんで。

投稿: yuji | 2008.10.02 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/42628957

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わり、秋の始まり:

« vs.アル・カディシア(ACL準々決勝2nd Leg) | トップページ | 地デジ到来 »