« vs.ヴィッセル(2008シーズン第10節) | トップページ | vs.フロンターレ(2008シーズン第12節) »

vs.ジェフ(2008シーズン第11節)

レッズ 3-0 ジェフ(埼玉スタジアムにて観戦)

知人からチケットを譲ってもらえたので、家族のブーイングに耳をふさぎつつ単身参戦。今回の席はメインスタンド40列あたりのはじっこで、ちょうど南側ゴールラインの線上といったあたり。すぐ近くがビジターエリアなわけだが、決して下を向かないジェフサポの皆さんの応援が印象的であった。

試合開始早々から、レッズの動きよりもジェフDF陣の自信なさげなプレーぶりにまずはびっくり。相当酷いチーム状態だとは漏れ聞いていたが、確かにこれは深刻だ。

そんな相手の不安定さを感じ取ったのか、少々強引な攻撃を繰り返しては相手ゴールに迫るレッズであったが、個々のプレーに精度と落ち着きを欠き、前半は0-0。前半の前半あたりに先制していれば、楽勝どころか連休最後のファン感謝ゴールラッシュ状態になってたような気もしただけに、ちょっともったいなかったか。

後半、永井を下げて細貝投入。前半ボランチに入っていた闘莉王をトップ下に上げたのが早速奏功して先制。その後は相馬とエジミウソンが決めて気持ちよく3-0で快勝、ついでに首位もキープである。

とはいえ今日の勝利は相手からのプレゼント感が強いのも確か。先制点もジェフDFのミスに近かったし、2点目なんか、闘莉王のラストパスに誰も触れないばかりか、ゴール前に詰めてきた相馬に対しても、誰もケアに走れないという惨状。3点目にしても、細貝がフリーの状態で前を向いてからエジミウソンが決めるまで、ジェフDFはほとんど足が止まっていたように見えた。

さて、この試合の良かった点といえば、まずは闘莉王が自分なりにボランチの役割を会得してきたように見えたことだろうか。前半に関しては運動量も(今までに比べて)多かったし、前線から中盤での守備も、献身的に良くこなしていた。もっとも、後半の途中に内舘が入って細貝と組んでからは安定感抜群だったから、やっぱり「ボランチ闘莉王」は緊急避難的措置ってことで、いつまでも続けるべきもんじゃないと思う。

気になったのはやっぱり2トップ。エジミウソンは得点こそしたものの、どうも試合冒頭での相手DFの不安定さを見たせいか、随所で自己中プレーを連発。高原の動き自体はだいぶ良くなっているように見えたから、相方のエジミウソンがもう少し高原を使うプレーを心がけてくれれば、そうとう強力な2トップになると思うんだが。

あ、大事なことを書き忘れていた。今回の試合のハイライトシーンは、得点にこそならなかったものの何といっても「うっちーのスーパーミドル」であろう。うっちー、頑張れ。次出た試合では是非得点を!

|

« vs.ヴィッセル(2008シーズン第10節) | トップページ | vs.フロンターレ(2008シーズン第12節) »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/41118579

この記事へのトラックバック一覧です: vs.ジェフ(2008シーズン第11節):

« vs.ヴィッセル(2008シーズン第10節) | トップページ | vs.フロンターレ(2008シーズン第12節) »