« 「フェレットの冒険Ⅱ:嵐のなかのパイロット」 | トップページ | BOXセットの誘惑 »

vs.コンサドーレ(2008シーズン第9節)

レッズ 4-2 コンサドーレ(埼玉スタジアムにて観戦)

五月晴れ…とはちょっと呼びがたい空の晴れ具合であったが、気温は高く、日中は半袖シャツ一枚で快適な陽気。気持ちよく出かけたスタジアムは超満員か、と思ったら、やはりこの時期は家族連れがレジャーでお出かけしちゃうせいか、観客数は48,000人と50,000人を割ってしまった。

今回観戦した場所は30列とほどよい高さで、ピッチ全体が俯瞰できたのが良かった。コンサの陣形を見ていると、両サイドをほとんどバックスの両翼まで下げて、5バックに近い形。そしてそうやってコンパクトな陣形を保ちつつ、前線からプレッシャーをかけてボール奪取に成功したら、そこからクライトンに預けて、後はレッズDFの裏を狙う…というシナリオ通りの先制点。コンサには失礼ながら、こいつは良くある「ジャイアント・キリング」のパターンか、と思ったりもしたのだが、その後試合は次第にオープンな攻め合いとなり、終わってみれば4-2の勝利である。

今回の良かった点筆頭は、高原とエジミウソンがようやく2トップっぽく動けるようになってきたことだろうか。高原の果敢なボール奪取から、見事なロングパスを受けたエジミウソンが鋭く決めた4点目の場面では、最初に出たのが「高原コール」だったあたり、サポーターは良く試合を見ている。

一方の反省点といえば、まずは最近の仕様である「ぼんやりした立ち上がり」であろう。この時間帯に多少の危ない思いをするぐらいならともかく、あっさり失点してしまうのはいただけない。この試合だって、先制された後の85分を逃げ切られた可能性だってあったわけだし、チーム全体でもう少し集中度を高めて欲しいところだ。

しっかし「ボランチ闘莉王」はもういい加減やめて欲しいところだ。あちこちで酷評されているが、確かにあれだけ運動量が無くて、中盤での守備が甘いうえにキープ力もさして無いとなると、チームにとってはむしろマイナスのほうが大きい気がする。もっとも今日もしっかり1ゴール挙げてるから、トータルするとプラマイイーブンかややプラスといったところか。それでもやっぱり、啓太が復調したら闘莉王にはおとなしくCB(つーかリベロ)に収まってて欲しいと思うのは僕だけではあるまい。

内容的に山ほど課題を残しつつ、気がつけば暫定首位である。明日の試合で鹿島が勝ってしまえば首位逆転だが、今はむしろ首位と勝ち点6差ぐらいの3位あたりが居心地良さそうに思える。連休の残り2戦、1勝1分ぐらいで乗り切ってくれれば上出来であろう。

|

« 「フェレットの冒険Ⅱ:嵐のなかのパイロット」 | トップページ | BOXセットの誘惑 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

なかなか考えさせられる記事でした。特に「トゥーリオのボランチ」は、頭の痛い問題です。

ご指摘の点は、私も感じていました。当初は、彼のプレースタイルが読めない相手の戸惑いもあり、機能はしていたと思うのですが、やはり疲労なのでしょうか、確かにここ数試合は、見ていてツラい。

確かに得点能力はすぐれているし、ボランチに配置されている結果でもあるでしょう。しかし、やはりこれは、「緊急避難的措置」じゃないか、そう思うのです。

つまり、この問題は「トゥーリオのボランチ」云々というよりは、「レッズのボランチ」問題との感じがするのです。


投稿: 還暦サポ | 2008.05.03 10:03

>還暦サポ

コメントどうもです。「闘莉王ボランチは緊急避難的措置」ってのは、まさしく同感です。当人の攻撃に対するフラストレーション解消と、中盤でのキャプテンシー発揮という意味では、エンゲルスもなかなかの策士かな、とか思ったりはしますが、やっぱり長続きはしないですよね。
僕個人としては、成長著しい細貝と回復した啓太が組めば、そこそこ中盤のパフォーマンスは安定するだろうと楽観してるんですが、どうなりますかね。

投稿: yuji | 2008.05.04 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/41039013

この記事へのトラックバック一覧です: vs.コンサドーレ(2008シーズン第9節):

« 「フェレットの冒険Ⅱ:嵐のなかのパイロット」 | トップページ | BOXセットの誘惑 »