« 「フェレットの冒険Ⅰ:海の救助隊」 | トップページ | vs.アントラーズ(2008シーズン第6節)~耳で見よ! »

「ローマ人の物語」スタート

2月から「小説十八史略」を読み始め、とりあえず2巻まで読了。せっかく中国史を読んでるのだからと思い立って、先月から塩野七生「ローマ人の物語」(文庫版)に取りかかってみた。

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上)    新潮文庫

とりあえず第1部「ローマは一日にしてならず」(上下)から第2部「ハンニバル戦記」(上中下)まで読了。ところで、文庫版は読みやすくていいことはいいのだが、一冊あたりがちと薄過ぎはしまいか。一冊ごとの厚さをできるだけ揃えて、本棚での見栄えに気を配ってくれたのかもしれないが、それにしても。

それはともかく内容であるが、これはもう評判通りの面白さ。特に「ハンニバル戦記」のほうは、前編これ戦争の物語ではあるのだが、ハンニバル対ローマの対決もさることながら、ローマの人々が未曾有の国難にどう対処したかという側面が面白い。

中国史とローマ史、もちろん単純な比較はできないのであるが、それでも随所に見受けられる「違い」の数々には驚かされる。国家国民、そして各民族について知ろうと思ったら、やはり歴史を辿ることは必須であると改めて感じたのであった。イタリア人、「ちょいワル」だけで2000年生きてきたわけではないんである。たぶん。

|

« 「フェレットの冒険Ⅰ:海の救助隊」 | トップページ | vs.アントラーズ(2008シーズン第6節)~耳で見よ! »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/40862036

この記事へのトラックバック一覧です: 「ローマ人の物語」スタート:

« 「フェレットの冒険Ⅰ:海の救助隊」 | トップページ | vs.アントラーズ(2008シーズン第6節)~耳で見よ! »