« オジェック解任に思う | トップページ | 「フェレットの冒険Ⅰ:海の救助隊」 »

vs.ヴィッセル(ナビスコカップ予選)~春よ来い

レッズ 0-1 ヴィッセル(埼玉スタジアムにて観戦)

今回が今季初参戦。奇しくもというかなんというか、エンゲルス初采配の試合を目撃することになってしまった。

春分の日ではあったが、朝から冷たい雨が降るというあいにくのコンディション。その雨の中、それもナビスコカップの予選にもかかわらず、スタジアムに集まったのは33,000人余り。つくづくレッズというのは幸せなチームだなと思う。

で、試合のほうだが、フォーメーションだの選手のコンディションだのを確かめる間も無く、いきなりの失点。なんでそう簡単にクロス入れさせるかなとか、どうして前の試合ハットトリックのレアンドロがフリーになってるんだとか、気になる点はあるのだが、あれはまあ、ダイレクトボレーを見事に決めたレアンドロをほめておくことにしよう。

前半はなかなか調子の出なかったレッズだが、後半はまずまずの戦いぶり。無得点で敗戦とはなったが、リーグ序盤2試合に比べれば、少なくともプレーの姿勢において格段の進歩だったんじゃなかろうか。まあ痛い目をみないと学習しないってのは、レッズの性(さが)というか業(ごう)みたいなもんだから、オールドファンとしてはこれもある意味許容範囲内である。僕だけかも知れないけど。

スタジアムからの帰り道にあれこれ考えていたのだが、今の状態ってのは、やっぱり去年のスタイルの悪しき部分が増幅されたもののような気がする。クロスを入れられても中で闘莉王がなんとかしてくれる、DFラインにプレッシャーがかかっても、啓太か長谷部に渡せばなんとかしてくれる、中盤からの展開に困ってもポンテに渡せばなんとかしてくれる、でもってゴール前に放り込めばワシントンがなんとかしてくれる…要するにこれが去年のスタイルだったんじゃないかと。

もちろんそうじゃないパターンもあったわけだが、苦しい時にはやっぱり上に書いたような感じで乗り切っていたように思う。となると、エンゲルスがチームを再建するといっても、なかなか簡単にはいかないような気がする。まずは選手一人一人が、自分の役割をしっかり把握したうえで、後はひたすらハードワークに徹するしかあるまい。

この試合の後半で、少なくとも「気持ち」は見せてもらった。次のナビスコ予選・京都戦まではPSMだと思って大目に見ることにして、リーグ戦次節の新潟戦での再起に期待したいと個人的には思う。

|

« オジェック解任に思う | トップページ | 「フェレットの冒険Ⅰ:海の救助隊」 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

抑制の効いた知的でレッズ愛に満ちた記事でした。その通りだと思います。感心!

ついでに、シャッチョさんの件ですが、オジェック云々もありますが、それよりも昨年、主な補強が阿部のみという、チームづくり全体のあり方が如何だったのかな、との問題意識が低流にあっての話でした。舌足らずですみません。

何れにしろ、浦和レッズといっても、世の中の水準からすれば、たかだか年商70億円程度の中小企業、やり場のないシャッチョさんの辛さはよ~く分かります。

投稿: 還暦サポ | 2008.03.23 11:45

コメント中、間違いがありました。低流(誤)→底流(正)です。すみません。

投稿: 還暦サポ | 2008.03.23 12:13

>還暦サポさま

いやいや、なんと申しますか「このぐらいで怒ってたら、レッズサポなんてやってられまへん」的心境ですわ、はい。
シャッチョさんの件は、そうですねー、昨年のスタート時点からしてちょっと危なっかしい感じでしたものね。それにしても、年商70億企業の社長にしては、世間的注目度とか周囲のプレッシャーとかがキツイですよね。がんばれ、シャッチョさん(笑)

投稿: yuji | 2008.03.25 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/40602557

この記事へのトラックバック一覧です: vs.ヴィッセル(ナビスコカップ予選)~春よ来い:

« オジェック解任に思う | トップページ | 「フェレットの冒険Ⅰ:海の救助隊」 »