« 「シングルになれる人の生活習慣」~なれるかな? | トップページ | セグウェイ発見! »

vs.中国(東アジア選手権)

日本 1-0 中国(TBS、録画)

代表監督に岡田が就任はしたものの、親善試合の類にはあまり食指をそそられずスルー。でもっていちおうタイトル戦の東アジア選手権は、やや真面目モードでテレビ観戦している。

初戦の北朝鮮戦では、先発起用されたフレッシュなメンバーがあまり機能せず、負けなくて良かったねのドロー。まあでも、後半投入した安田と前田がいきなり同点ゴールを奪ったわけだから、岡田監督としてはホッと一安心といったところか。

で、中国戦である。

北朝鮮もハードアタックが多くて選手達は大変そうだったが、それでも悪質なファールはそれほど目に付かなかったと思う。がしかし、今回の中国はまさしく文字通りのラフプレーの嵐。それに加えて、笑えるくらいあからさまに中国よりの笛を吹く北朝鮮の主審がいたりして、なんかもう「アウェイ」とかそういう次元の話ではない。

山瀬の決勝ゴール自体はナイスだったと思うが、できればその後早めに点差をつけて、ラフプレーをよけつつ飄々と勝利して欲しいところであった。結局スコアは最後まで1-0のまま。試合終盤、中国がパワープレーに転じてからは、PA内で接触プレーがあったら、まず間違いなくPKの笛が吹かれるだろうとビクビクしながらテレビを観ていたが、中国のクロスの精度が良くなかったのにも助けられて無事逃げ切り。お疲れ様でした。

残るは韓国戦であるが、主力を欠いて、なおかつ故障者が続出している現状で、どこまで互角に戦えるか。過去2試合を見ると、どうやら岡田監督にとっては今回大会は選手のテストの意味合いが大きいように見える。となると、これはこれで次戦が楽しみである。

|

« 「シングルになれる人の生活習慣」~なれるかな? | トップページ | セグウェイ発見! »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/40215051

この記事へのトラックバック一覧です: vs.中国(東アジア選手権):

« 「シングルになれる人の生活習慣」~なれるかな? | トップページ | セグウェイ発見! »