« 体育祭 | トップページ | vs.全北現代(ACL準々決勝2nd leg)~4強! »

vs.全北現代(ACL準々決勝1st leg)

レッズ 2-1 全北現代(埼玉スタジアムにて観戦)

ACL予選、ホームでの3試合は皆勤賞だったので、その勢いでこの試合も参戦。いよいよノックダウンステージということに加え、相手は昨年のACL覇者でもあって、サポーターの意気込みもスタジアムの緊張感も素晴らしく、実に楽しい一夜であった。

キックオフ時に見た限りでは、相手はCB2人のすぐ前に3人を並べていたから、2-3-2-3といったフォーメーション。2バックというよりは、むしろ5バックに近く、相当ディフェンシブな印象だった。がしかし、試合開始早々、緩めの右サイド(相手左サイド)に抜け出した達也がボールを中央の永井に送り、ゴールを背にした永井が長谷部に戻したところを、そのままシュートで先制。相手の気勢を削ぐという点では、値千金のゴールだった。

その後も相手DFの裏へ、達也とポンテが何度も抜け出してゴール前に迫ったのだが、あと一歩で追加点は奪えず。全北も両サイドの守備を修正したようで、前半途中からは膠着状態のままハーフタイム。

後半、いくらか攻勢に出たかに見えた全北だが、それほど無理はしてこない。どうやらこれは、じっと我慢で失点を重ねず、ワンチャンスを決めてドロー狙いと見たのだが、後半15分に達也が、前線に残っていた闘莉王とのワンツーからようやくゴール。2-0。

さすがに2-0で終わるわけにはいかない全北は、ここから力ずくでの大攻勢モードに転換。これをはね返してあわよくばカウンターで追加点、と思ったかどうかは知らないが、残り15分でポンテを下げて伸二投入。伸二のキープ力と前線への配球に期待したんだと思うし、見ているほうとしても納得の交代だったのだが、この日はこれが大誤算。ワンタッチで華麗に捌いたボールはことごとく相手に渡ってしまうし、守備での貢献も今ひとつのうえ、失点につながるCKも、伸二のミスがきっかけだったように見えた。

見かねたオジェックは、ここで内舘投入。(交代自体は失点直前) 達也を下げたので、ポジションをどう変えるのかと見ていたら、伸二を最前線に上げて、長谷部をトップ下、そして内舘がボランチとなっていたようだ。結果としてはこの修正は正解だったようで、その後は特に破綻無くタイムアップ。見事に初戦勝利である。

この試合のMVPには長谷部を推す。全北の中盤でのプレッシャーが緩かったこともあるが、全般的に高めにポジションを取って、攻撃に守備に大活躍。ここしばらく中途半端なプレー振りが目についていたのだが、この前の広島戦で何か得たものがあったのだろうか。

最後の失点は余計だったが、90分を通じて、各自がその能力をフルに発揮できたナイスゲームだったと思う。対する全北現代は、今季Kリーグでも中位に留まるなど、あまりチーム状態は良くないようだが、それでもゴール前に強引に押し込んで来る攻撃は迫力がある。第2戦では、かなり強烈な肉弾特攻サッカーが展開されそうな気がするが、その分カウンターのチャンスも増えるだろう。レッズとしては初の韓国アウェイゲーム(だよね?)、どんな試合になるか、今から楽しみである。

あー、それにしても楽しいぞ、ACL。たまらん(涎)


|

« 体育祭 | トップページ | vs.全北現代(ACL準々決勝2nd leg)~4強! »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/16507572

この記事へのトラックバック一覧です: vs.全北現代(ACL準々決勝1st leg):

« 体育祭 | トップページ | vs.全北現代(ACL準々決勝2nd leg)~4強! »