« 「味芳斎」の牛肉飯に涙する(辛くて) | トップページ | 連休レッズ事情 »

連休あれこれ、そして「熱狂の日」!

おー、なんか久しぶりの更新である。このまま放置状態になってもおかしくないここしばらくであったのだが、なんとかぼちぼち復帰できそう…かも。

*********

世の中連休であるが、かくいう自分もカレンダー通りプラス一日自主休業ということで、前半4日休んで、中一日出勤して、さらに後半4日お休みである。とまあ、楽しいGWではあるのだが、春休みの大阪旅行とそれに続く転居で散財してしまったため、特にお出かけはせずに、どローカルに過ごしている。それでも休みが続くと何かと出費が増えるのが不思議である。やれやれ。

*********

とか愚痴りつつ、我が家的にこの連休最大のイベントである、「熱狂の日」のコンサートに出かけてきた。

Lfj0701

昨年の教訓を生かして、今年は早めにチケットをゲット。家族連れで出かけることでもあったので、入手したのは小曽根真がソリストをつとめる「ラプソディー・イン・ブルー」の公演である。

5000人収容のホールAが満員という人気プログラムだったが、演奏もすこぶる快調。小曽根真のジャズばりばりの快演はもちろんのこと、オーケストラの派手な鳴らしっぷりも気持ち良かった。やっぱこういう曲は、演奏するほうも聴くほうも、それぞれ肩の力を抜いて楽しむのが吉である。

演奏を楽しんだあとは、あちらこちらを散策。展示ホールに行ってみると、おお、マングース発見!

Lfj0702

すっげー人気で、みんな次々にマングースと手を取り合っての記念撮影状態。現代日本のクラシック界における、スーパーキャラクターの誕生かも(違)  ちなみにうちの子ども達にとっては、このマングースとの遭遇がこの日最大の収穫だったようだ。はあ。

プログラムを見てみると、地上広場のオープンコンサートにタラフ・ドゥ・ハイドゥークスの名が! このグループ、LFJの公式レポートで見かけて聴いてみたかったので、そちらへ移動してみると、すでに黒山の人だかり。全然ステージが見えない(泣)

Lfj0703

なんとか人の頭の隙間から様子を窺いつつ、それでも聞こえてくるノリノリのリズムにいつしか身体を動かして、約30分、熱い演奏を堪能したのであった。いや楽しかったっす、ホント。

クラシックソムリエカウンターも覗いてみたが、タイミング悪くナマiioさん@CLASSICAやナマ山尾敦史さんとは遭遇できず。残念。お二人ともLFJでは激務の日々が続いているようなので、どうかお体大切に、あと少し頑張ってくださいまし。

*********

さ、休み明けの社会復帰に向けて、ぼちぼち準備運動だっ←ムリ

|

« 「味芳斎」の牛肉飯に涙する(辛くて) | トップページ | 連休レッズ事情 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご挨拶できず残念! またの機会にぜひ。

投稿: iio | 2007.05.07 02:25

いや~、もしお目にかかれたら、御著書(クラシックBOOK)にサインしてもらおうと思って持参したんですが、残念でありました。

ともあれ、LFJのあれこれ、お疲れ様でした>iioさん

投稿: yuji | 2007.05.09 00:47

お楽しみいただけたようでなによりです!
公式レポートもこうして、役にたっているということがわかると励みになります。
ソムリエ業は、次回もこちらが倒れたりしていなければあると思いますので、ぜひ声をおかけください。1年後ですけど。

投稿: at.yamao | 2007.05.14 06:30

おお、iioさんに続き、山尾さんご本人からコメントとは!(嬉)
公式レポート、役に立ったし、何より楽しかったですよー。でも、関係者の皆さんはホントに大変そうでしたね。お疲れ様でした。
また来年を楽しみにしています。

投稿: yuji | 2007.05.15 01:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/14957717

この記事へのトラックバック一覧です: 連休あれこれ、そして「熱狂の日」!:

« 「味芳斎」の牛肉飯に涙する(辛くて) | トップページ | 連休レッズ事情 »