« ミヨーを聴く | トップページ | 卒業式に出てみた »

W-ZERO3を買ってしまった

ケータイのハイスピード化とか、ブロードバンド端末のEM-ONEとかが次々に出てくる昨今、何故かふらふらとW-ZERO3[es]なんぞを買ってしまった。

DoCoMoのPHSサービスを解約してからは、基本的にはケータイとノートPC+無線LANという装備で出歩いていたのだが、やはり無線LANはまだまだ使い勝手が制限されがちなので、どこでもすぐつながる端末が欲しくなったのだ。でまあ、あれこれ検討したところ、現時点で機能的にも価格的にも最もバランスが良さそうなのが、このW-ZERO3[es]なのであった。いやね、なんせ安かったんである。都内の大手家電量販店で、本体が19,800円なんだもの。

というわけで、購入してから早くも3週間ほど経つのだが、いやー、こいつはなかなか面白い。肝心のネットアクセスに関しては、データの定額サービスを契約したので、4xパケットとやらの128kbpsではあるが、メガクラスの速度が当たり前の今日この頃では、さすがにこの通信速度では、ちと辛いものがある。まあでも、メールの送受信には特にストレス感じないので、それほど困るわけではない。

一通り基本機能に触った限りでは、「なーんだ、こんなもんか」という印象だったのだが、あちこちのサイトやブログ、そして何冊かの書籍を読むと、カスタマイズこそがコイツを持つ楽しみらしいと気づいたのであった。

そのつもりでネットをうろつくと、あちこちに有益な情報が転がっているではないか。ああ、素晴らしきかな、web2.0(やや違) フリーなお役立ちソフトもいっぱいあるし、あっちをいじり、こっちを転がし、自分好みの一台に「育てていく」感覚が実に楽しい。なんて、まだ大してカスタマイズしてないんだけど、それにしても、である。

近い将来には、ケータイの高速データ通信が定額化されて、いわゆるPDAみたいなものが一気に次のステージに移るのだろうとは思うが、それまではコイツと戯れつつ、これだ!と思える次世代端末の登場を待つことにしよう。

*********

入門書として参考になったのは、以下の二冊;

W-ZERO3[es]Style Book
「W-ZERO3[es] Style Book」

W‐ZERO3 Application Book
「W-ZERO3[es] Application Book」

関連サイトは公式・個人合わせてたくさんある(もちろんmixiのコミュも)が、個人的に参考にさせていただいてるのがこちら「小人閑居為不善」である。御自分が実際に行ったカスタマイズの過程が、とても丁寧に紹介されていて勉強になる。深く感謝である。

|

« ミヨーを聴く | トップページ | 卒業式に出てみた »

「道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/14254740

この記事へのトラックバック一覧です: W-ZERO3を買ってしまった:

« ミヨーを聴く | トップページ | 卒業式に出てみた »