« コーヒークエスト7~「YourCoffee」 | トップページ | W-ZERO3を買ってしまった »

ミヨーを聴く

うう、このタイトルで記事を書くのは久しぶりかも。なんせ年末からこのかた、昨年山ほど買った箱物CDの消化に勤しんでたりして、なんというか、全然きちんと「音楽」を聴いてない状態だったのだ。とまあ、そんなセルフ言い訳はともかく、ミヨーである。

吉田秀和「LP300選」でのミヨーの推薦曲は、劇音楽(オペラ?)「クリストフ・コロンブ」なのだが、こちらはCDが見つけ出せなかったので、次点にして恐らく彼の曲としては最も有名な「世界の創造」を聴いてみた。CDはいくつか出ているのだが、有名どころを網羅しているっぽいNaxosの一枚を買ってみた。(HMVはこちら、Amazonでは情報が少なすぎるのだが、恐らくこちら

冒頭の「世界の創造」にまずびっくり。ビッグバンド・ジャズに触発されたという、管楽器主体の小編成バンドによる音楽は、どことなく安っぽくてもの悲しい。が、曲が進むにつれ、曲に暖かみが生まれ、賑やかに楽しく変化し、そして仲むつまじい雰囲気でエンディングを迎える。なるほど、瀟洒にして才気溢れる曲である。

以下、ラテンテイストたっぷりの楽しい「屋根の上の牡牛」、カントリーテイスト溢れる「プロヴァンス組曲」と続き、最後は歌詞のない四人の歌手とオーケストラによるバレエ音楽「男とその欲望」という構成になっている。

「男とその欲望」は、話の筋というかテキストが分からずに音楽だけ聴いていると、少々難解かつ退屈ではあるのだが、それ以外の曲はただ聴いてるだけでも、充分に楽しめる。ミヨー、いいんじゃないでしょか。

|

« コーヒークエスト7~「YourCoffee」 | トップページ | W-ZERO3を買ってしまった »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/14232925

この記事へのトラックバック一覧です: ミヨーを聴く:

« コーヒークエスト7~「YourCoffee」 | トップページ | W-ZERO3を買ってしまった »