« 花粉症の皮を被った風邪(え?) | トップページ | 「グロテスク」~悪意の物語 »

vs.香港(北京オリンピック予選)

日本 3-0 香港(日本テレビ、録画)

ドイツワールドカップも終わり、しばらくは本気モードの代表戦もお休みだな~…と思っていたら、あらら、早くも北京オリンピックへの予選開始である。考えてみれば、A代表はもとより、今回のU-22やその下のワールドユース世代まで含めれば、毎年何かしらの国際大会があるわけだ。あー、忙しい←誰が?

で、そのオリンピック予選の香港戦。地力の差から考えて勝利は当然となるだろうから、見るべきは個々の選手のデキとか、攻守の戦術とかかな、とお茶の間評論家モードで見ていたのだが、あにはからんや、なかなか頑張る香港チームに、ややタジタジの日本代表という、今までも良く見た光景が展開されてしまった。

日本にとって幸運なことに、前半途中に平山が先制点(オフサイドじゃないの?)を挙げたことで、あとはそのままオトナのゲーム運びで追加点を奪いつつ逃げ切るかと思ったのだが、全体的にプレーが軽いというか雑というか、ピッチ上も木枯らしピープー吹いちゃってる感じで前半終了。後半に入ると、何故か運動量の落ちた日本を相手に、香港が積極果敢に攻撃を仕掛け、一度ならずチャンスを作り出す。まぐれでもなんでも、この時間帯で同点に追いつかれてたらまさかのドローとかもあり得たような気がするが、さすがにそんなことはなく、なんとかかんとか二点を追加してゲームセット。

この日本チーム、みんなそれぞれ能力は高いと思うのだが、なんというか、ちょっと線が細い感じ。とりあえず「親分キャラ」の選手が必要な気がするのだが、そういうものは、今後予選を戦い抜いて行くことで、自然と各自のキャラとして確立して行くものなのだろうか。微妙に心配である。

|

« 花粉症の皮を被った風邪(え?) | トップページ | 「グロテスク」~悪意の物語 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/14085184

この記事へのトラックバック一覧です: vs.香港(北京オリンピック予選):

« 花粉症の皮を被った風邪(え?) | トップページ | 「グロテスク」~悪意の物語 »