« 「クラシックBOOK」ゲット!~絶賛平積み中 | トップページ | FMトランスミッターを買ってみた »

「ディパーテッド」~頑張れ、スコセッシ!

ディパーテッド」(マーティン・スコセッシ監督、2月1日 MOVIXさいたま)

この「ディパーテッド」は、予告を観た時に、どう考えてもつまらなそうな印象しか受けなかったのだが、スコセッシ=ディカプリオコンビの前作「アビエーター」が個人的にはなかなか好みの映画であったので、思い切って出かけてみた。

……惨敗でした。(で、以下ネタバレ気味だよん)
 
 
 
 
本作の下敷きとなった「インファナル・アフェア」を観ていないので、それとの比較とか関連についてはまったく分からないのだが、警察とマフィアがお互いにネズミを潜入させ合うという基本アイディアはいいとして、そのサスペンスの描き方が、なんとも物足りない。

恐らくは、個々のエピソードに深みが無くて印象に残らないために、映画全体が冗長な感じになってしまったような気がする。3時間余の長尺をほとんど飽きさせなかった「アビエーター」の演出とは、エライ違いである。終盤の展開は確かに意外性があってやや盛り上がるが、その後の決着の付け方がなんだか無理やりっぽい。そもそもあれじゃ、警察とマフィアが最初から全面戦争するのと、結果において変わらない気がするのだが。

ふと思ったのだが、あの構図だと、マフィア側が圧倒的に有利な気がする。だって、怪しい奴がいたら、とりあえず消しちゃえばいいんだもん(笑) まあ、それ故潜入捜査が成功した時の果実は大きいのだろうけれど。その分、マフィアが警察に潜入しても、得られるものはそれほど大きくないような気がする。ここは主要な捜査員を買収するほうが確実かと←おいおい

スコセッシのシャープな演出には感心したし、ジャック・ニコルソンの悪役振りや、警察側の豪華キャスト(マーク・ウォールバーグ、アレック・ボールドウィン、マーチン・シーン)など、見所は多いのだが、全体としてはとにかくぱっとしない。きっと興行的にもぱっとしないだろうなぁ…と想像しつつ、頑張れ、スコセッシ!と応援しておく。(★★★)

|

« 「クラシックBOOK」ゲット!~絶賛平積み中 | トップページ | FMトランスミッターを買ってみた »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/13805958

この記事へのトラックバック一覧です: 「ディパーテッド」~頑張れ、スコセッシ!:

« 「クラシックBOOK」ゲット!~絶賛平積み中 | トップページ | FMトランスミッターを買ってみた »