« 「ラフマのピアコン」 | トップページ | 模様替え »

vs.ヴァンフォーレ(J1第32節)~王手!

レッズ 3-0 ヴァンフォーレ(埼玉スタジアム)

今にも降り出しそうな曇り空の下、雨具を詰めたバッグを下げて向かった埼スタへの道は、いつもよりずっと人が多かったような気がした。

優勝へのプレッシャーというか、とにかくこの試合を落としたくないといった感じで、いつになく慎重なプレー振りのレッズの選手たち。慎重過ぎてパススピードは遅いし、一つ一つのプレーにも時間がかかる。ワシントンのPK失敗にしても、キックモーションがややスローだった分、GKが反応できる余裕ができたしまったような感じ。PK二本目に至っては、同じ場所に蹴るのはFWの意地として認めてもいいが、あんなに丁寧に蹴っていては、さすがに止められてしまうだろう。

前半の悪い雰囲気を、後半も引きずるのではないかと思っていたのだが、後半開始早々、ワシントンが自らその不安を払拭する一撃。あれでスタジアム全体の空気が一変した。その後は暢久、ワシントンと追加点を重ね、3-0で勝利。勝たなくてはいけない試合を、しっかりと勝ちきることができた。

この試合は、どの選手も良かった。MVPは間違いなく1ゴール1アシストの暢久だと思うが、ポンテのボールキープも効いていたし、長谷部と啓太のチェック&チェイスも効果満点。特に長谷部は前に出る機会も多く、プレーに積極性が戻ってきた。リーグ残り試合で、かなり活躍しそうな予感である。また、交代で入った相馬も元気一杯。特にリードしている状況で使うには、現有では最高のカードではないか。

そうそう、前半目立っていた「岡田裁き」も後半は影を潜め、驚くほど控えめかつ真っ当なジャッジング。なんだ、やりゃできるじゃん>ジャスティス

今節、フロンターレはエスパルスに敗れ、ついに終戦。ガンバはアビスパと引き分け、レッズとの勝ち点差は5となった。優勝まであと勝ち点3。この勢いで、次で決めて欲しい。

|

« 「ラフマのピアコン」 | トップページ | 模様替え »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/12823170

この記事へのトラックバック一覧です: vs.ヴァンフォーレ(J1第32節)~王手!:

« 「ラフマのピアコン」 | トップページ | 模様替え »