« vs.静岡SC(天皇杯四回戦)、あんどナビ杯決勝 | トップページ | 「のだめ」Lesson4~エロイカなベト7 »

大木正夫を聴く

Hiroshima_1

大木正夫:交響曲第5番「ヒロシマ」」(Naxosのサイトはこちら

吉松隆のblogで知って以来、いつか聴いてみようと思っていたCDを、ようやく鑑賞。実のところ、CD自体は7月初旬に購入していて、8月中には聴こうと思っていたのだが、いざとなるとなかなか聴く勇気が湧かず、10月も終わろうかという頃、思い切って聴くに至ったのであった。

感想・・・と言っても、上記吉松隆の記事に特に付け加えるようなことも無いのだが、それにしても余りに辛い音楽。戦争、そして核兵器の災厄の後には、何の希望も救済も残されないということが、恐ろしいほど見事に音化されている。

何度も繰り返して聴こうとは決して思えない曲ではあるが、少しでも気になるのであれば、一聴の価値はある。というより、こういう曲を「聴かせるべき」連中というのが、あっちにもこっちにもいるのではないか、などと感じる昨今ではある。

*********

先日観た「父親たちの星条旗」に、いい台詞が出てきた:

「戦争を知っているという馬鹿な奴に限って戦場を知らない」

|

« vs.静岡SC(天皇杯四回戦)、あんどナビ杯決勝 | トップページ | 「のだめ」Lesson4~エロイカなベト7 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/12572136

この記事へのトラックバック一覧です: 大木正夫を聴く:

« vs.静岡SC(天皇杯四回戦)、あんどナビ杯決勝 | トップページ | 「のだめ」Lesson4~エロイカなベト7 »