« 結婚できた男 | トップページ | 日本、AFC U-17選手権優勝~あるいは小さな悲劇 »

vs.サンフレッチェ(J1第23節)~雑感・明るい未来?

レッズ 2-1 サンフレッチェ(BS-i)

歯がゆかったり危なっかしい場面はあったものの、この試合全体としては、それほど悪くない内容だったのではないか。まあ、後半15分過ぎぐらいからのぐだぐだ風味は、このところのデフォルトってことだが。

もっとも、W杯の中断明け以降、相手を圧倒しての完勝、みたいな勝利を見てない気がするのは確かだ。ガンバやフロンターレの試合なんかを見ていると、やはり攻撃時の迫力は物凄いし、素直に「強い」という印象を受けるのに対し、ここしばらくのレッズは、内容はともかくなんとか勝ち点3取れました、みたいな試合ばっかり。順位的には文句のつけようが無いながら、サポーターから常に不満の声が上がるのは致し方ないだろう。

でも、魅力的なサッカーを展開しての敗戦と、内容ボロボロスカスカでの勝利と、どちらがいいかと言われたら、ためらうことなく勝ち点3を選ぶだろう。優勝したチームの名前は覚えられても、そのチームのサッカーがどうだったかなんて、誰も気にしはしない。ましてや、2位以下のチームがどんなにファンタスティックなサッカーを展開していたとしても、記録には何も残らない。(サポーターの記憶には残るけど、もちろん)

長々と書いてしまったが、個人的には、今のレッズのサッカーはそれほど悲観するようなものでも無いと思っている、と言いたかったのだ。特にこのサンフレッチェ戦、確かに相手に主導権を握られていた時間帯も長かったが、それでもチームとして安定感がだいぶ出てきたように見えた。啓太やワシントンが戻り、伸二やポンテ、あるいは長谷部や暢久の調子が戻れば、とんでもないサッカーを見ることができそうな気がしているのだ。

楽観的に過ぎるのは百も承知だが、このサンフレッチェ戦は、そこここに明るい未来の芽が見え隠れしていた試合に思えたのだった。もうあと少しで、我々が見てみたい「レッズのサッカー」が見られそうな気がしている。

・・・と、時流に抗して、思い切りポジってみた(汗)

|

« 結婚できた男 | トップページ | 日本、AFC U-17選手権優勝~あるいは小さな悲劇 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、お久しぶりです!
そうなんですよねぇ、広島戦は僕も文句タラタラ言いつつって感じで観ていたのですが、内容はともかく勝って良かったです。
っていうかあの内容で負けない、勝ったことは本当に意味があることなのだ!と無理やり思い込むようにしています(笑)。
まあそれは冗談としても、早く本当に魅力的なサッカーが見たいですね。

投稿: riwta | 2006.09.19 21:07

>riwtaさん、コメント&TBありがとう。

いやあ、正直なところ、僕も中継観ながら、あれこれと愚痴ってたんですけどねー。でも、あちこちのblogが悲観一色なので、なんとなく楽観的な記事を書いてみたくなったわけです←へそ曲がり

でも、本当にぼちぼち気持ちいい試合を見たいですよね!

投稿: yuji | 2006.09.20 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/11942224

この記事へのトラックバック一覧です: vs.サンフレッチェ(J1第23節)~雑感・明るい未来?:

» 広島戦@一ヶ月ぶりの現地参戦 [蹴って鳴らせ]
闘莉王のシュートすごすぎ!! 暢久のゴールもすっごい嬉しかった!! 暢久のゴー [続きを読む]

受信: 2006.09.18 20:40

» ’06・09・16 レッズVSサンフレッチェ [Baby a gogo! ]
試合への入り方は良かったと思う。 実際、立ち上がりから決定機を何度か演出し、今日は行けるかな?という予感。 前半も中頃の停滞した時間帯を打ち破る闘莉王のゴールはまさにスーパーゴール! しかし、あっという間に同点にされて前半は終了・・・。 前半を見る限り前の3人はいいところ無し。 (結局、達也、伸二、永井とすべて途中交代・・・。) 後半の試合内容に関しても見るべきところ無し。 正直、見ていて頭に来た。 攻撃におけるチームとしての連動性は皆無のように見えるし、広島のほうがやるべきこと... [続きを読む]

受信: 2006.09.19 21:00

« 結婚できた男 | トップページ | 日本、AFC U-17選手権優勝~あるいは小さな悲劇 »