« 残暑ゴルフ | トップページ | 「海の日記帳」~去りゆく夏に »

vs.アルディージャ(J1第22節)~勝負の秋

レッズ 2-0 アルディージャ(BS-i)

テレビを見ていて今頃気づいたのだが、アルディージャ戦のときは、どっちがホームでもサポーター席は入れ替えないのね。もしかしてレッズサポが実力行使でいつもの側を乗っ取ったのかと思っちまったぜ。

代表組の啓太は累積警告で有休。伸二も同じく欠場ということで、ボランチは長谷部と酒井のコンビ。トップ下に暢久が入り、ワシントンと永井の2トップとなった。もっとも、2トップというよりは、ワシントン1トップで他の二人がシャドーという布陣が正解かも。

前半はほぼ完全にレッズペース。決定機こそ少なかったものの、アルディージャの攻撃を軽くいなして、余裕の試合運びに見えた。とはいえ、良い流れの最中に得点できないのも毎度のことで、このままスコアレスだと後半苦労しそうだな・・・と思った前半終了間際、攻め上がった酒井の放ったシュートがこぼれたところを、ワシントンが抜け目なく流し込んで先制。結果から考えると、この先制点は大きかった。

後半15分過ぎぐらいからレッズも足が止まってきて、そこからは防戦一方。三浦監督としては、前半耐えて後半勝負というプランだったのかもしれない。いつ同点にされてもおかしくない流れだったが、なんとかしのいだ試合終了間際、永井のゴールが決まって勝負あり。それにしても永井、どうせ決めるなら、後半15分ぐらいまでに決めてくれれば、もう少し楽な試合になったろうに。

交代は暢久→ポンテ、アレックス→相馬、ワシントン→内舘。ポンテが久々の復帰となったが、コンディションはいまひとつといった感じ。相変わらず小技は巧いが、ミスも目立ったし、完全復調まではまだあと少しかかりそうだ。

サブとはいえネネも復帰してきたし、ようやくフルメンバーを使いこなせることになった。幸か不幸かナビ杯ももう関係ないし、試合感覚もほぼ一週間毎になる。条件が揃った今こそ、レッズの真の力が試されることになる。勝負の秋がやってきた。

|

« 残暑ゴルフ | トップページ | 「海の日記帳」~去りゆく夏に »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。
わたしの記事は内容が内容だけに、TBお返しするのも何だか申し訳ないので、コメントだけで失礼します。

これからは疲れも言い訳にならないし(選手でなくわたしが…)、これぞレッズ!!というようなゲームを期待したいです!!

投稿: くろ | 2006.09.14 22:58

>くろさん、コメントどうもです。

そうですよね、これからは選手もサポーターも、疲れたなんて言ってられないですよね。

都合がつかずになかなかスタジアムに行けないんですが、ここからは一つずつ撃破あるのみ! ですねー。

投稿: yuji | 2006.09.15 01:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/11874344

この記事へのトラックバック一覧です: vs.アルディージャ(J1第22節)~勝負の秋:

« 残暑ゴルフ | トップページ | 「海の日記帳」~去りゆく夏に »