« 口内炎ができた | トップページ | ポータブル・ヘッドホンを(またまた)買った »

vs.イエメン~坪井祭りの日

日本 1-0 イエメン(TBS)

テレビの画面からでもはっきりわかるほど荒れたピッチ、恐ろしく稚拙なカメラワーク、呆れるほど人の少ないスタジアム・・・ こういうのって、「アウェイ」のひと言で片づけるのは、少々違うような気がする。

さて、試合であるが、まあ、勝ったからいいや(おい) ホームでのイエメンは、確かに「地に足を踏みしめて立つ勇者」(だっけ?)の如く振る舞ってはいたが、レベルの差はさすがに歴然。日本が終始ゲームを支配していたわけだが、劣悪なコンディションに加えて凡ミスも多く、いつまでたってもゴールを奪えない。まさかの引き分けかと思われた後半ロスタイムに、パワープレーでなんとか得点して、そのまま逃げ切り。格下の相手と戦ったとはとても思えない、お世辞にもスマートとは言えない勝利であった。

しかし、4バックでかつ両サイドMFに加地とアレックスというような布陣だと、中盤の底での啓太の負担はとんでもないものになっているはずだ。遠藤も含めた前線の選手が、文字通り縦横無尽に動き回ってボールを受け、かつキープできるようでないと、オシム・ジャパンとしての特色は、なかなか発揮できないのではないか。啓太が潰されないことを祈っておかねば。

この試合の収穫は、勝ち点3と坪井の活躍。ゴールにつながった、ピンポイントでのロングクロスも良かったが、レッズサポ的には、オーバーラップからゴール前でシュートまで行ったシーンが萌えポイントだったろうか(笑)  何はともあれ、全員無事に中東遠征から帰れたことを喜びたい。

結果を出しつつ経験を積み、来年のアジアカップ本番までに、どんなチームが出来上がっているか、なかなかに楽しみではある。

|

« 口内炎ができた | トップページ | ポータブル・ヘッドホンを(またまた)買った »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/11817294

この記事へのトラックバック一覧です: vs.イエメン~坪井祭りの日:

« 口内炎ができた | トップページ | ポータブル・ヘッドホンを(またまた)買った »