« vs.アルディージャ(J1第22節)~勝負の秋 | トップページ | 「勝者の決断」 »

「海の日記帳」~去りゆく夏に

Miyoshi

僕のピアノだが、いつまでたっても先に進んでおらず、教則本のひとつとして使っているMiyoshiピアノ・メソードとは相変わらず格闘の日々である。とはいえ三善晃の考案によるこれらの練習曲は、ほんの10数小節のものでも、思いがけない響きが隠されていて、難しいなりに楽しめるものでもある。

その三善晃の小品集「海の日記帳」を購入、聴いてみた。

基本的にはメソードと同様に、ポリフォニックなスタイルに、思いがけない響きの和音を交えつつ、叙情豊かな世界が展開されている。本来は子供のための練習曲集なので、使われる音が少ないシンプルな構成。曲名はすべて海にちなんで付けられているが、真夏の海辺というよりは、夏が去って、誰もいなくなった海の小景集といった趣の曲集である。以下、ライナーノーツの三善晃の文章から:

私は私のピアノで、私の言葉を語る。これらの小品は、自分の大好きな海の、イメージの風景画、あるいはソネットである。これらを、(中略)世界の大地に立っているすべての子供たちに贈りたい。

演奏は作曲者自身。砂浜で見つけた、美しい貝殻のような小品集である。

|

« vs.アルディージャ(J1第22節)~勝負の秋 | トップページ | 「勝者の決断」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/11886595

この記事へのトラックバック一覧です: 「海の日記帳」~去りゆく夏に:

« vs.アルディージャ(J1第22節)~勝負の秋 | トップページ | 「勝者の決断」 »