« 「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィー」 | トップページ | 夏休みコンサート'06 »

ヴァンフォーレ戦(とトリニータ戦)

トリニータ戦の感想書いてねー・・・とか思ってるうちにヴァンフォーレ戦も終わっちまっただよ。ううう。ってことで、とりあえず総括。

・レッズ 1-0 トリニータ(BS-i)

BS-iでJリーグの中継をやってくれるのはありがたいが、この日のアナウンサーはどうにも不安定。選手間違えるし、ファールも良く見落とすし。解説の相馬がうまいことフォローしてたからいいけど、もうちょっと頑張って欲しいところである。

で、試合だが、恐らくは連戦の疲れと暑さとで、双方運動量の控えめな立ち上がりに見えたのだが、どうもトリニータのほうはゲームプラン的に、前半スロー、後半勝負の雰囲気だった。一方のレッズは、例によってというか何というか、安易に相手に合わせてのスローペース。このあたりは、もはやチームのDNAのなせる業なんだろうか。

後半、アグレッシブにゴール前に迫るトリニータにたじたじのレッズだったが、伸二に代わって入った内舘が、スルっとゴール前に顔を出し、達也からのパスをきれいに折り返して、再び達也がシュート&ゴールイン。その後はまたまた例によってあたふたしながらも、無失点で逃げ切って勝ち点3ゲット。

「負けないで良かった」というだけの試合ではあるが、内容が悪くて勝つときもあれば、内容が良くて負けるときもある。勝ったんなら、素直に喜んでおくのが吉である。


・レッズ 1-1 ヴァンフォーレ(スポーツニュース)

こっちの試合は、まさに「負けなくて良かった」という試合。連戦の疲れはピークだろうし、甲府盆地じゃ暑さもかなりのものだったろうし・・・と思ったりもするが、条件は両チーム同じだからなー。

それでもあえて明るい面を見れば、今までだったら先制されたまま沈んでたところを、なんとか引き分けに持ち込んだあたりは成長である。たぶん。なんせ「初物」に弱いというのも、レッズの悪しきDNAのひとつだからねぇ。


W杯中断明け後、2週間で4連戦というハードスケジュールだったが、レッズはアウェイ3試合、ホーム1試合をこなして、2勝1敗1分の勝ち点7。結果として見れば、まあまあだったのではないか。ガンバやフロンターレが16節で引き分けてくれたおかげで、勝ち点に差がつかなったのもラッキー。アントラーズが迫ってきたのが気にはなるが、とにかく今は、好位置キープが絶対条件だ。

|

« 「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィー」 | トップページ | 夏休みコンサート'06 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/11148257

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァンフォーレ戦(とトリニータ戦):

« 「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィー」 | トップページ | 夏休みコンサート'06 »