« ドイツ vs. アルゼンチン~チキンレース | トップページ | 梅雨(時々晴れ間)ゴルフ »

歯医者へ行った

しばらく前から何カ所かに違和感を覚えていたのだが、痛みこそ無いものの、どうもヤバそうな雰囲気になってきたので、およそ5年ぶりぐらいに歯医者へ出かけてきた。

先月から娘も歯医者に通い出していて、どうやら周囲の評判もまずまずらしいので、地元のその歯科医に予約。指定の時間に出かけると、明るい茶髪のおねーちゃんが受付でお出迎え。初診なのであれこれフォームに記入してから、いざ診察室へ。先ずは歯科医助手らしい、やっぱり明るい茶髪のおねーちゃんが、あれこれと問診。その後ようやく先生登場。なんかやたらとノリの軽い先生で、てきぱきと僕の口の中をチェックしてから、レントゲン撮影を指示。

レントゲン室に移ると、またまた別の明るい茶髪のねーちゃんが、撮影作業をしてくれる。撮影を終えて、現像が上がるまで、しばし診察台で待機。そこで周囲の様子を改めて確かめると、受付を含めて4名いる助手(たぶん)たちが、みんな明るい茶髪のねーちゃん(笑) なんかまるでキャバクラにでも来たような気分である(ウソです、ウソ)

さて、現像されたレントゲン写真を見ながら、先生が問題箇所を指摘しつつ、今後の治療方針について説明してくれた。どうも想像していた以上に大変なことになっているようで、説明を聞いてるだけで、すっかりブルー。とりあえず目立つ場所を軽く削って、プラスチックを充填して、初回は終了。以後、しばらくこちらにお世話になることになったのであった。

初診終了後、費用を精算しつつ、次回の予約。控えめに見てもやっぱりキャバい受付嬢が、帰り際に手製の名刺でもくれるかと思ったのだが、なんにももらえなかった←バカ

*********

歯医者といえば、これ、「マラソンマン」であるが、映画の拷問シーンも怖いが、原作のその場面もかなり強烈だ。例の歯科医が、最初は丁寧に丁寧にリーヴィ(主人公)の虫歯を治療する様子が描かれ、本人はその手際の良さに、「これならいくらか払ってもいいかな」などと暢気に考えたりするのだ。その後はもちろん・・・うわー、思い出すんじゃなかった(怖) 原作はウィリアム・ゴールドマン。見事な傑作サスペンスである。

マラソンマン スペシャル・コレクターズ・エディション

|

« ドイツ vs. アルゼンチン~チキンレース | トップページ | 梅雨(時々晴れ間)ゴルフ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

yujiさん、おはようございます!
私もマラソンと歯医者と言えば、マラソンマンのダスティン・ホフマンです。
すごく昔にテレビで一度観たきりで、筋も定かではありませんけど、
彼の走る姿とあのシーンが私の記憶の奥底に眠っていて、時々蘇ります。
原作があるんですね。読んだほういいかな。

歯も2回ぐらい生えかわればいいのにと思います。
サッカー、大詰めですね。ではまた!

投稿: chiiko | 2006.07.04 06:50

>chiikoさん

コメントありがとうございます。
あー、やっぱり歯医者と「マラソンマン」の組み合わせで覚えてる方って、多いんですね。なんせ印象的(笑)ですからね。
ほんと、乳歯と永久歯の間にもう一本ぐらい欲しいところです・・・

投稿: yuji | 2006.07.05 08:55

いいなぁ、キャバクラ歯医者(笑)。
いや、冗談ではなく、本当にあったら少しは痛みも減るかと()。

投稿: riwta | 2006.07.08 21:57

>riwtaさん

あはは、患者を増やすためにはいいアイディアかもしれないですね>キャバクラ歯医者 でもやっぱり痛いもんは痛かったです(泣)

投稿: yuji | 2006.07.09 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/10780884

この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者へ行った:

« ドイツ vs. アルゼンチン~チキンレース | トップページ | 梅雨(時々晴れ間)ゴルフ »