« 梅雨(時々晴れ間)ゴルフ | トップページ | フランス vs. ポルトガル~伝説は続く »

ドイツ vs. イタリア~リアリズムからファンタジーへ

ドイツ 0-2 イタリア(NHK-BS)

準々決勝で、アルゼンチンをPK戦の末に下したドイツ。ここに来て一気に決勝まで駒を進めようかという勢いになったのだが、準決勝でイタリア相手にまたもや延長を戦い、ついに陥落。個人的には決勝での独仏戦(フランスはまだ決まってないけど)を見てみたかったので、少々残念である。

それにしても、なんつー内容の濃い試合だったことか。およそ119分間スコアレスだったわけだが、ダレることもほとんどなく、まさにお互い死力を尽くしての死闘であった。終盤、さすがに双方疲労困憊の体で、中盤省略気味の大味サッカーにはなったものの、それさえもお互いのゴール前での攻防が繰り返されることで、試合をいっそうスリリングなものにしていたように思う。

見ていて思ったのだが、カテナチオってのはつまり「守りが堅い」ってことで、決して単に「守備的」という意味ではないのだな。リアリズムからファンタジーへ。今大会の伊達男軍団には、早くも王者の風格が漂いだした。

*********

試合終了と同時にピッチに倒れ込むドイツの選手達。彼らひとりひとりに手を貸し、抱き起こすクリンスマンの表情は、とても穏やかに見えた。僕と同年代。開催国の代表監督の重圧は、どれほどのものだったろう。お疲れさま、君は良く頑張った。

|

« 梅雨(時々晴れ間)ゴルフ | トップページ | フランス vs. ポルトガル~伝説は続く »

「サッカー」カテゴリの記事

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/10802621

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ vs. イタリア~リアリズムからファンタジーへ:

» 準決勝:ドイツvsイタリア。あの2点目がいいんすよ、容赦なくて。 [CLASSICA - What's New!]
●長い大会だと思っていたけど、もう準決勝。なんだかもうすぐ終わると思うと寂しくなってきたり。 ●で、「こういう対決が見たかった」的な対戦実現、ドイツvsイタリア。本来ならイタリアを応援するところなんだけど、ドイツは開催国だからついついドイツ視点で見てしまっていることに気づく自分がいる。クリンスマン監督のオーバーアクションはかなり楽しい。...... [続きを読む]

受信: 2006.07.06 20:00

« 梅雨(時々晴れ間)ゴルフ | トップページ | フランス vs. ポルトガル~伝説は続く »