« スウェーデン vs. トリニダード・トバゴ~勝ち点1の重み | トップページ | 日本 vs. オーストラリア~「強運」vs.「特攻」 »

アルゼンチン vs. コートジボワール~恐るべきアフリカ勢

アルゼンチン 2-1 コートジボワール(NHK-BS、録画)

日本時間の朝4時キックオフのこの試合、5時半に起きてタイムシフト観戦。国歌斉唱やらハーフタイムをすっ飛ばし、途中試合が止まったら早送りして見ると、ほぼ試合時間の90分で見終えることができる(当たり前だ) 平日の観戦は、この方法を使うしかないかなぁ。

で、試合だが、さすがに強いね、アルゼンチン。同じ個人技抜群の南米のチームながら、ブラジルとはまるでチームカラーが違うように見えるのが面白い。もっとも、このチームには少々ムラっ気があるようで、2-0からの試合運びはどうなんだろうという感じ。勝ったからいいとはいえ、得失点差を1にしてしまったのが、後々響かないといいのだが。まあ、勝ち抜け自体は問題無さそうではあるけれど、ねぇ。

対するコートジボワールのサッカーは、面白さ抜群。身体能力だけでも、ここまでのチームができあがるってのは驚異的だ。途中集中が切れかけて、攻撃が単調になったりもしたのだが、後半良く1点返した。あの場面での、かなり苦しい折り返しボールへのドログバの反応なんて、なんかもう野生動物的な俊敏さであった。恐るべし、アフリカ勢。

|

« スウェーデン vs. トリニダード・トバゴ~勝ち点1の重み | トップページ | 日本 vs. オーストラリア~「強運」vs.「特攻」 »

「サッカー」カテゴリの記事

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/10496831

この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチン vs. コートジボワール~恐るべきアフリカ勢:

« スウェーデン vs. トリニダード・トバゴ~勝ち点1の重み | トップページ | 日本 vs. オーストラリア~「強運」vs.「特攻」 »