« 春休み'06 in 熱川 | トップページ | 「牛乳の作法」~良く振って読め »

vs.グランパス(J1第6節)~鍵の開け方

レッズ 0-0 グランパス(BS-i)

前半の攻防は、いろんな意味で興味深かった。前線の玉田以外は、ほぼ全員自陣内でポジションを取り、まるで網でも張っているかのように、レッズの攻撃を絡め取っていくグランパスの守備。一方、それだけディフェンシブな陣形を取られても、ゆったりとしたパス回しから相手を揺さぶり、崩しかけてはシュートを撃つレッズ。

伸二が外したのも含め、前半何度かあったチャンスを一つでも決めていれば、恐らくは楽勝な展開になっていたと思われるのだが、少なくとも前半を無得点で逃げ切られたところで、グランパス・フェルフォーセン監督のプランは、8割がた達成されたのではないか。

狙い通りに試合が運ぶと、それなりに好循環が生まれるもので、後半はレッズの攻撃を余裕でかわしては、あまりリスクをかけずにカウンター狙いで、逆に決定的なチャンスを生み出したりもした。これを決められていたら、今季初の敗戦は間違い無いところだったが、相手の決定力不足もあって、なんとか無失点。「最高ではないが、最低でもない」結果となったというところだろう。

ギドの言う通り、これからはこんなふうに「守備的、引き分け狙い、あわよくばカウンターで一撃」みたいなサッカーを相手にすることが増えるだろう。こういうのをカテナチオというのかどうか良く分からないが、相手が鍵をかけてくるのなら、やはりこじ開け方を工夫しなくてはなるまい。とりあえずはこのところちょっと恐さの無いセットプレー、特にCKでのプレー精度を、もう少し高めたほうがいいような気がする。

もっとも、身勝手かつ脳内ファンタジー全開のサポーターとしては、鍵がかかってるなら、そいつを蹴破るようなサッカーを見せて欲しいというのが本音だったりもする←危険思想の典型

|

« 春休み'06 in 熱川 | トップページ | 「牛乳の作法」~良く振って読め »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/9420627

この記事へのトラックバック一覧です: vs.グランパス(J1第6節)~鍵の開け方:

« 春休み'06 in 熱川 | トップページ | 「牛乳の作法」~良く振って読め »