« 「邪恋」~大人の苦さ | トップページ | vs.エクアドル~再び(楽観的に)予言された未来 »

vs.FC東京~親切なFC東京さん

レッズ 2-0 FC東京(駒場スタジアム)

何というか、レッズが勝ったというよりは、FC東京さんが負けて下さったという感じの試合であった。

代表で伸二、アレックス、坪井、長谷部の4人が抜け、さらに怪我で暢久と都築が欠場と、開幕以来の固定先発メンバーから6人が入れ替えとなった。で、この試合の先発は、山岸、闘莉王、堀之内、内舘、啓太、酒井、岡野、相馬、ポンテ、ワシントン、セルヒオの3-5-2。注目はやはり左サイドの相馬、そして右サイドの岡野とワシントンの相方となったセルだった。

基本的な戦い方は今までと同じようなものだったのだが、もうひとつ、中盤でのボールキープができず、こぼれ球も相手に拾われるケースが多い。このへんは、やはり伸二のキープ力と長谷部の出足の良さというのが、チーム好調の支えの一つの要因だったことの証左だろう。

前半はほぼ互角だったと思うのだが、後半はかなりFC東京ペース。押し込まれる時間帯が多く、啓太と酒井がバックラインに吸収される悪いときの形になって、いくつも決定機を作られたのだが、それをことごとく外してもらったおかげで助かった。

少ないチャンスであったが、セルヒオはワシントンの周囲を良く動き回ってゴールゲットと、まずまずの活躍。得点シーンも、ワシントンが競って落としたボールを、落ち着いてしっかりコーナーに突き刺した。中学生みたいな(笑)ヒーローインタビューも初々しく、本人にとってもチームにとっても良いゴールだったと思う。

2点目を決めた酒井は、全般的にバランス重視のプレー振りで、決して悪くはなかったのだが、やはりボランチのどちらかが前線に飛び出す動きが無いと、今のレッズの攻撃力は減殺されてしまう。そういう意味では、得点シーンで前に詰めた動きは秀逸だった。

注目の相馬は、意欲的に良く動いていたが、ちょっと力が入りすぎていた感じ。今の好調アレックスが相手だと、まだまだレギュラー獲りは難しいか。まあ、だいぶ気持ちは入っているみたいだから、サブでもなんでも、出場機会を与え続けるのが正解だろう。

それにしても、相手の決定力不足で勝たせてもらったからいいものの、やはりこのメンバーではチーム力が落ちるのは否めない。良く言われる「ターンオーバー制」の本質については、僕自身もう一つ理解できていないので、あくまでも素人考えだが、今回みたいに試合によってガラっとメンバーを代えるやり方よりは、毎試合一人ずつぐらいメンバーを入れ替えて、実戦においてチーム戦術やコンビネーションの浸透を図ったほうが得策に思えるのだが、どうなんだろう。

もっとも、リーグが進むにつれて、怪我や警告累積で離脱する選手も増えてくるだろうから、自然とレギュラーの顔ぶれも変わっていくのだろう。この試合に出場した選手達が、レギュラー陣と同等のパフォーマンスを発揮してくれることを祈っていよう。

|

« 「邪恋」~大人の苦さ | トップページ | vs.エクアドル~再び(楽観的に)予言された未来 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/9404010

この記事へのトラックバック一覧です: vs.FC東京~親切なFC東京さん:

« 「邪恋」~大人の苦さ | トップページ | vs.エクアドル~再び(楽観的に)予言された未来 »