« ストラヴィンスキーを聴く:「春の祭典」その2 | トップページ | 「PROMISE」~材料は豪華だが »

vs.ボスニア・ヘルツェゴビナ~予言された未来

日本 2-2 ボスニア・ヘルツェゴビナ(日本テレビ)

この時期にW杯非出場国と試合してもなぁ・・・なんて思いながら観戦したのだが、ボスニアの本気度がかなり高く、結果として非常に面白いゲームになった。

それにしてもボスニアは、早くて強くて巧かった。特に後半は、鋭い出足で何度も日本の選手からボールを奪い、そこから恐ろしい速さで攻撃を展開し、ほぼ確実にシュートで終わるというパターンが繰り返された。ボールホルダーに対するチェックがあれだけ厳しいと、比較的ゆっくりとパスを回しつつチャンスを探る日本の戦法は、まるで機能しない。

いろいろな課題が明らかになった試合だと思うのだが、特に「三都主左SBの4バック」は、レベルの高い相手には全く通用しないことが明確になった。彼を左サイドで使いたいのであれば、もう3バックしかない。そうなると、中盤の枚数を減らすか、1トップにするしか選択肢がなくなるのだが、どうするつもりなのか。

この試合は、ボスニアを仮想クロアチアに仕立ててのテストマッチだったと思うのだが、恐らく本番での戦いもこんな感じになるだろう。相手が勝ちを確信して、集中が欠けた試合終了間際に同点にしたのは評価されていいが、つまりは引き分けが精一杯ということだ。クロアチアには絶対に勝てないという未来が、ピッチ上で予言されたように思えて仕方ない。がっくり。

|

« ストラヴィンスキーを聴く:「春の祭典」その2 | トップページ | 「PROMISE」~材料は豪華だが »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/8885958

この記事へのトラックバック一覧です: vs.ボスニア・ヘルツェゴビナ~予言された未来:

» ニッポンvsボスニア・ヘルツェゴビナ、負けてないけど完敗 [CLASSICA - What's New!]
●あー、やっぱりヨーロッパには敵わん、と思ったニッポンvsボスニア・ヘルツェゴビナ@ドルトムント。2-2だから結果的に負けてはいないんだけど、すべてにおいて差を感じた試合。ボスニア・ヘルツェゴビナは上手くて強い。雨と雪で芝がぬかるんでいたのもパワーで劣るニッポンには厳しかった。 ●欧州のW杯予選敗退国と対戦、といっても先日のフィンランド戦とは天地の差。場所を欧州にして、試合日をメンバー収集可能なインターナショナル・マッチデーに設定すると、ほらこんなに違いが。いいように弄ばれたという気がする。向こうは... [続きを読む]

受信: 2006.03.01 12:32

« ストラヴィンスキーを聴く:「春の祭典」その2 | トップページ | 「PROMISE」~材料は豪華だが »