« ストラヴィンスキーを聴く:「結婚」(Le Noces) | トップページ | J1第3節雑感~1ロブソン&1シトン »

ちょっと変な金曜の夜

帰宅する電車が途中の駅に停まり、数人の乗客が乗り降りした。ドアが閉まり、電車が走り出して数秒後、座って本を読んでいた僕の鼻に、強い匂いがとびこんできた。一瞬むせそうになって、あわてて顔を上げてあたりを見回すと、5メートルほど離れた場所に、恐らくはこれから出勤と思われる、たぶんお水系の女性が立っている。

匂いのもとは、その女性の香水らしいのだが、強すぎるその香りに、車内にいた乗客は皆、あちこち見回して匂いの元を探している。一瞬にして車内全体に拡がるのに、どれほどの量の香水が必要なのだろう。もしかして、下着をひと晩香水漬けにしたとか←バカ

ほんのふた駅で、彼女は降りてしまったが、香りはもう数駅、あたりに漂っていた。

*********

駅を出て自宅に向かうと、ほどなく若者四人組と遭遇。飲んだ帰りらしく、陽気に喋りながら、こちらに歩いてくる。10メートルほどに距離が縮まったとき、そのうちの一人が、がっくりと膝をついて四つんばいになった。飲み過ぎかな・・・と思いつつ、すれ違いざまに目をやると、四つんばいの彼は何故かズボンを下ろして、パンツ一丁になっている。

ぎょっとしたのは僕だけではなかったようで、仲間たちが慌てて彼を抱き起こし、ズボンを穿かせ出した。そしてそのまま、抱きかかえるように、駅に向かって歩いて行ったのであった。

*********

その後、さらに家路を急ぐと、途中にある小さな居酒屋の前に、人が大勢いる。男性ばかりが、ざっと数えて30人ばかり。どうやらちょうど宴会が開けた後らしい。下は二十そこそこから、上は五十前後まで、赤い顔で大声で喋りながら、道路一杯に広がっている。

いきなり腕をつかまれて「二次会行こうぜ!」とか言われやしないかとビクビクしながら、「すみません・・・」とぼそぼそ呟きつつ、集団をすり抜ける。しばらく歩いて振り返って見ても、相変わらず道路いっぱいに広がったまま、歓談は続いていた。

*********

全っ然関係ないが、本日3月18日は、吉松隆の誕生日とのこと。辺境のblogから、こっそりハッピーバースデー。

|

« ストラヴィンスキーを聴く:「結婚」(Le Noces) | トップページ | J1第3節雑感~1ロブソン&1シトン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/9144502

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと変な金曜の夜:

« ストラヴィンスキーを聴く:「結婚」(Le Noces) | トップページ | J1第3節雑感~1ロブソン&1シトン »