« vs.エクアドル~再び(楽観的に)予言された未来 | トップページ | 春休み'06 in 熱川 »

井上鑑「CRITERIA」~魔術師の音

Criteria
井上鑑「CRITERIA~この夏の庭で僕は本を書く~」

ある年代以上の方なら、かつて某タイヤのCMでニキ・ラウダの激走に乗せて流れた曲「Gravitation」を覚えておられるだろう。ナイヤガラ・トライアングルや寺尾聡のアレンジャーとして名を馳せた井上鑑の、久々のソロアルバムである。で、発売されてすぐ買って、聴いてみた。

うーむ、一聴唖然、二聴呆然、三聴(以下同様)って感じである←わかんねーよ

とにかく凝りに凝ってるうえ、曲と歌詞それぞれに強い思いのこもった力作なのは確かである。三味線の吉田兄弟や、ピーター・ガブリエルバンドのデビッド・ローズらの豪華ゲスト、楽曲も変拍子(「x=歩幅」の17拍子とか)が出てきたりと凝り具合満点。凝り過ぎちゃって、とても一般ウケしそうにないのが、また井上鑑らしい(汗)

それでも歌詞カードを見ながら、じっくり歌と音を聴き込むと、じわじわと良さが染み出てくる。まさに「音の魔術師」の面目躍如である。彼の他の作品同様、まさに噛めば噛むほど味の出る「するめアルバム」といえよう。あ、もちろんホメてますよ、ええ。

なお、井上鑑の公式サイトでは、本人による「CRITERIA」のweb版ライナーノーツが公開されていて、こちらも必読。ディスコグラフィも載っているのだが、この機会に、初期の名作群「Cryptogram」「Splash」「架空庭園論」等のCD化を期待したい。

それにしてもいきなりSACDハイブリッドでの発売ってのもすごい。我が家の貧弱ミニコンポでも、十分以上に良い音が聞こえてくるんだが、SACDだとどんなことになってるんだろう。うーん、聞いてみたいぞ、SACD。

|

« vs.エクアドル~再び(楽観的に)予言された未来 | トップページ | 春休み'06 in 熱川 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/9404278

この記事へのトラックバック一覧です: 井上鑑「CRITERIA」~魔術師の音:

« vs.エクアドル~再び(楽観的に)予言された未来 | トップページ | 春休み'06 in 熱川 »