« 「春の祭典」おまけ | トップページ | 初詣'06(遅っ) »

ある宴会の風景

いわゆる「異業種交流会」みたいなものに参加してきた。

ある会員の紹介で、某プロスポーツチームの、いわゆるフロントの方を招いて、講演をしてもらった。正直なところ、それほど面白い話でもなかったのだが、そのチームのエピソードも一つ二つ聞けたし、ほとんどボランティアで来てもらったことも勘案すれば、まずまずの内容だったと思う。

講演終了後、懇親会へ。中華式の円卓を囲んでの会食だったのだが、僕は今回幹事役を仰せつかっていたので、講師の隣に座って、あれこれとケア(別に何もしなかったけど)

同じテーブルに、この会の長老的存在の方がいらっしゃったのだが、話好きなのはいいとして、何か話題が出ると、すぐにそれを横取りして、自分の話を始めてしまう。会員同士の集まりなら、まあいつものこととして誰も何とも思わないのだが、今回は講師先生が同席されている。

この講師先生、話し方は穏やかなんだが、性格的にやや狭量とみえて、長老が話に割り込んでくると、露骨に嫌な顔をする。しかし長老、そんなことを気にすることもなく、マイペースで会話に割り込む。そのうち講師先生、自分の話に長老が割り込んでくると、それを完全無視して、別の人のほうを向いて、自分の話を続けるようになった。これで引き下がるかと思ったら、長老もさるもの、講師先生が相手にしてくれないと見るや、やはり別の聞き役を見つけては、自分の話をとうとうと述べる。

やむなく聞き役にまわった同テーブルの我々数名は、講師先生と長老双方に気を遣いつつ、パラレルに語られる二人の話に相槌を打ち続けたのであった。

*********

本日の教訓。空気を読めない人のところには、できるだけ近づかないこと。

|

« 「春の祭典」おまけ | トップページ | 初詣'06(遅っ) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/8587973

この記事へのトラックバック一覧です: ある宴会の風景:

« 「春の祭典」おまけ | トップページ | 初詣'06(遅っ) »