« 「小説家を見つけたら」 | トップページ | 今週の豆:山本農園ブラジルミナス »

「東京奇譚集」

東京奇譚集
村上 春樹著

ありそうな、なさそうな、奇妙な話が集まった「奇譚集」。作品系列としては、「回転木馬のデッドヒート」に連なるものになるだろうか。

こういう短編での村上春樹の文章は、本当に上手いなあ、と思う。ドライ&クールにしてスタイリッシュ、あるいは「キザ」(笑)

どの作品も面白く読めたが、特に気に入ったのは、本書のための書き下ろし「品川猿」。なんとも人を喰った題名ではあるが、描かれる事件とその背景には、「ねじまき鳥クロニクル」や「海辺のカフカ」の残滓みたいなものを感じる。恐らくは近い将来、またもやスーパーヘビーな長編が書かれるような気がする。

村上春樹らしい世界に、村上春樹らしい文章。ファンなら安心して読める(笑)  とりあえず、お薦め。

|

« 「小説家を見つけたら」 | トップページ | 今週の豆:山本農園ブラジルミナス »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/8119854

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京奇譚集」:

« 「小説家を見つけたら」 | トップページ | 今週の豆:山本農園ブラジルミナス »