« 「銀のロマンティック」を見た夜 | トップページ | 今週を振り返る »

今週の豆:ケニア・カラニ

久しぶりに浦和の「珈琲工房TONEGAWA」で豆を購入。

週末の夕刻、店に入ると、先客がひとり。応対しているのは、店主と思しき男性で、品物を袋詰めしつつ、あれこれと語っている。曰く、「コーヒーメーカーはあまり使わないほうがいい」、「同じ豆でも、日が経つにつれて味が変わるから、毎日飲んで違いを楽しんで欲しい」、等々。お客の珈琲の淹れ方をヒアリングしつつ、的確なアドバイスを贈る姿は、患者に対する医師の如くである。

商品を渡し終えても3分は続いた店主の話だったが、ようやく僕の番になった。「はい、次の患者さん」てな感じである(笑)

以前こちらで購入したタンザニアが美味しかった旨を伝え、豆選びを手伝ってもらう。同じくアフリカ系で、タンザニアよりももう少し濃いめの味わいだというケニヤ・カラニに決定。200gで945円ナリ。

前のお客にも伝えていたが、この豆もこの日の朝に焙煎したばかりとのことで、今飲んでももちろん美味しいが、味がこなれるのは4~5日後だという。そんな話も含め、これからの豆の入荷情報等々、しばしお喋り。途中で次のお客が入ってきたが、当然のごとく順番待ち(笑)

帰ってから早速飲んでみたが、確かに苦みがしっかりとしていて、やや重たい味わい。それでも、後味がすっきりしているので、すいすいと飲めてしまう。もちろん、香りの素晴らしさは、自家焙煎豆ならでは。

このところ、豆を切らした時に、ドトールなんかでしのいでいたのだが、やはりこういう自家焙煎豆とは格が違う。切らすことのないように気を付けよう、と思った次第である。

|

« 「銀のロマンティック」を見た夜 | トップページ | 今週を振り返る »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/7769159

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の豆:ケニア・カラニ:

« 「銀のロマンティック」を見た夜 | トップページ | 今週を振り返る »