« 忘年ゴルフ | トップページ | 「銀のロマンティック」を見た夜 »

「ビッグ・バッド・シティ」~ハッピーバースデー、キャレラ!

オンライン書店ビーケーワン:ビッグ・バッド・シティ

前作「ノクターン」では酷寒のアイソラが舞台だったのだが、僕が読んだのは残暑厳しき9月。そして今、寒波押し寄せるこの時期に読んだ本作の背景は、うだるような暑さの8月。うーん、読む前に、作中の季節を確かめたほうがいいような気がする。

さて、87分署シリーズ長編第49作の本書だが、いい意味でのマンネリズムがある中で、作品の質としては、シリーズ中ではかなり上等の部類に入るのではないか。若い修道女の殺害事件がメインストーリーで、それに「クッキー・ボーイ」なる連続空き巣の事件、更にはキャレラをつけねらう影まで出てきて、サブストーリーも内容充実。更にはそれらに加えて、作中、なんとキャレラが40歳を迎えるというエピソードまで盛り込まれる。(実際は誕生日直前までだけど)  同じようなストーリーを書き続けても、こんなふうに上等の作品が生まれるというのは、なかなかに感慨深い。

ここしばらく、シリーズの翻訳はずっと井上一夫専任だと思っていたのだが、本作の担当は山本博。どこがどうとは言い難いが、比較的すっきりとした感じの訳文で、読みやすくて好感が持てる。翻訳物は、やはり翻訳者に左右される部分が大きいと、これまた新たに感じた次第である。

|

« 忘年ゴルフ | トップページ | 「銀のロマンティック」を見た夜 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/7661118

この記事へのトラックバック一覧です: 「ビッグ・バッド・シティ」~ハッピーバースデー、キャレラ!:

« 忘年ゴルフ | トップページ | 「銀のロマンティック」を見た夜 »