« 40,000アクセス突破 | トップページ | プロコフィエフを聴く:ピアノソナタ第7番 »

薄光、薄幸?

じゃーん、我が家にもとうとう「光」がやってきた。プロバイダであるNiftyの、「@nifty光 with フレッツ/」とかいうプランである。

我が家(集合住宅)は今までADSLだったのだが、NTTの局からが遠く、8メガタイプで契約していたのに、通信速度はだいたい800kbps程度であった。いわゆるチューンアップとかもやったのだが、それほどの効果もなく、他の高速回線サービスが登場するのを、心待ちにしていたのだった。

で、ようやくここのマンションにまで光回線が届いたということで、早速申し込み。いろいろと疲れる事前の段取りも済ませ、ようやく工事と相成った。もっとも、工事と言っても、NTTのお兄ちゃんが来て、光用のモデムをつなげていくだけである。

本当なら、工事と同時に、Niftyの代理店(?)が、設定サポートに来るはずだった。以下、話は先週に遡るが、その代理店から電話がかかってきた際のやりとりである。

「フレッツの設定サービスの件ですが、(以下、無料サポートサービスの説明)、では、お客様のパソコンのメーカーを教えてください」

「あ、自作です」(実は友人に作ってもらった)

「・・・(絶句)、あ、自作、ですか・・・ えーと、自作パソコンの場合は、設定サービスでの動作保証はできないんですが・・・」

「あー、そうですか」

「えーと、OS・・・も自作ですよね?」

「(苦笑)いや、OSはさすがに自作できないんで、Windows2000です」

・・・って感じの不毛な会話の後、設定サービスは、万一うまくつながらなかった場合にお願いするということで、話がついたのだった。で、マニュアル通りにやってみたら、ちゃんと開通致しました。安心。

ところが、世の中そう甘くはなくて、大いに期待した通信速度は、各種スピードテストの結果、およそ8~12Mbpsの間に納まっている。光だ、光だと騒がれているので、100Mbpsはありえないにしても、3~50Mbps程度は出るかと思っていただけに、これにはがっくり。まあ、今までの0.8Mbpsからすれば、ほぼ10倍程度のスピードになったのだから、とりあえず喜ぶべきことなんだろうが、なんとなくうれしさ中くらいである。

さてさて、我が家におけるネットの高速化は、何か変化をもたらすのだろうか?

|

« 40,000アクセス突破 | トップページ | プロコフィエフを聴く:ピアノソナタ第7番 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/7005531

この記事へのトラックバック一覧です: 薄光、薄幸?:

« 40,000アクセス突破 | トップページ | プロコフィエフを聴く:ピアノソナタ第7番 »