« 薄光、薄幸? | トップページ | 「思い出トランプ」 »

プロコフィエフを聴く:ピアノソナタ第7番

Stravinsky, Prokofiev, Webern, etc / Maurizio Pollini

思ったよりも古く、1971年にポリーニが録音した、この曲の代表的名演・・・ってことらしい。

いやはや、それにしても快刀乱麻というか疾風怒濤というか、とにかくものすごい爆演である。スピード感溢れる両端楽章、特に三楽章のドライブ感なんか、まさしく圧倒的。(三楽章は7拍子らしいのだが、自分でリズムを取ってみても、まるで拍が拾えない。なんじゃこりゃ)

曲自体も面白いが、やはりここは、ポリーニの超絶技巧に酔うべきところだろう。まさしく名演。

|

« 薄光、薄幸? | トップページ | 「思い出トランプ」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/7029816

この記事へのトラックバック一覧です: プロコフィエフを聴く:ピアノソナタ第7番:

« 薄光、薄幸? | トップページ | 「思い出トランプ」 »