« 今週の豆:バル・マウンテン | トップページ | 通算6ロブソン »

vs.レイソル(J1第27節)~大きすぎる代償

レッズ 7-0 レイソル(TBS)

テレビの画面で見ていても、はっきりと分かるほどに、異様な方向にねじれた達也の足首。「好事魔多し」とは、まさにこのことか。それにしても、チームにとっても、もちろん本人にとっても、あまりに痛すぎるアクシデントだった。骨折とのことだが、一日も早い回復を祈るしかない。

*********

とりあえず、試合を振り返ってみる。

ここ数試合、結果は別として、試合の入り方はだいぶ良くなってきたレッズだが、この試合でも、出足良く積極的なスタートとなった。怪我人と出場停止選手が相次ぐ中、苦肉の布陣となったわけだが、やりくりの象徴のような、永井と酒井の両サイドが勝利の決め手となるとは、ほんとにサッカーは分からない。

特に永井は、この日のMVP候補。労を惜しまず、長い距離を上下に良く走り続けた。先制点の場面、長谷部の後ろから、素晴らしいフリーランニングを見せ、受けたボールをさらに敵陣深く運んで、達也へのナイスパス。チーム3点目となったマリッチへのクロスも、ゴールラインぎりぎりまで追いかけたボールを、ダイレクトに折り返したもので、本当に良く走った。守備でも、前半早々の玉田の飛び出しに追いつくなど、貢献度抜群であった。

左の酒井も、サイドは初めてとのことだったが、数的優位に立ったこともあって、堅実なプレー振り。永井チックな華麗なステップからの得点は、柏DFがファウルを怖がったせいもあるとはいえ、本人にとってのご褒美みたいなものだろう。

ネネの離脱と闘莉王の不在で心配されたDF陣だが、右から坪井、堀之内、内舘の「善人トリオ」(笑)が、それぞれ堅実なプレー振り。特に坪井は、欧州遠征ですっかり復調したようで、この日も好調を維持。この点に関しては、ジーコに感謝しなくてはいけない。

早い時間に退場者が出ると、案外試合が膠着状態に陥るものだが、この試合のレッズは、数的優位を確実に生かしての大勝で、マリッチのハットトリックも含め、そこまでやらなくても・・・という感じがしないでもないが、チャンスを逃さず、取れる時は確実に取るという意味では、これで良かったとは思う。

一方の柏だが、このところの好調が嘘のような試合振り。出足で常にレッズに上回られ、タックルが遅れ気味に入っては、ファウルを取られ続ける。明神も波戸も、この日に限っては、かつての代表選手の面影は無かった。明神が退場になってからの早野の采配も不明瞭で、ここまでの大敗は、監督にも一因があると思う。

*********

夜の試合でガンバは神戸に4-1と快勝。リーグ戦残り7試合で勝ち点差10。達也を失った今、優勝はいよいよ難しくなったが、僕自身としては、もう成績はどうでも良くなった。これからは、とにかく気持ちの入った試合をしてくれれば、それでいい。そして怪我だけはしないでくれ。内容のある試合をしつつ、これ以上の怪我人や退場者を出さずにリーグを終えてくれれば、それで充分だ。

|

« 今週の豆:バル・マウンテン | トップページ | 通算6ロブソン »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

天国から地獄と言うか・・・。試合結果を知った時点で達也の怪我の酷さをしらなくて、ただ喜んでいたのですが。
スパサカで怪我のシーンを見た瞬間、背筋が凍るようでした。本当に早期の回復を願うばかりです・・・。
今季はホントに怪我人続きで、チーム事情も苦しかったですけど、これで最後にしてほしいです(><)

投稿: くろ | 2005.10.16 14:55

>くろさん、コメントありがとう。
達也の怪我は、テレビで見ていても、余りに痛そうで、こちらにまで痛みが伝わってきそうでした(涙)
チームとしても満身創痍状態ですからねー。なんとか怪我人無しで、リーグを終えて欲しいです。

投稿: yuji | 2005.10.18 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/6422740

この記事へのトラックバック一覧です: vs.レイソル(J1第27節)~大きすぎる代償:

» 浦和レッズ7-0柏レイソル [蹴って鳴らせ]
・・・いやいや、まぁ、何と言うか・・・。これだからレッズサポはやめられないんです [続きを読む]

受信: 2005.10.16 14:46

« 今週の豆:バル・マウンテン | トップページ | 通算6ロブソン »