« プロコフィエフを聴く:ヴァイオリン協奏曲 | トップページ | ビジネスマン的悪夢 »

vs.ラトビア~決意の欧州遠征(は?)

日本 2-2 ラトビア(テレビ朝日)

・・・すいません、どなたか「決意の欧州遠征」(by角澤)の意味を教えてください。

それはともかく、スターティング・イレブンのうち7人が欧州組という仕様での遠征・・・って、欧州組中心でも「遠征」なんだろうか? という疑問はさておき、さすが欧州各地でそれなりにもまれてるだけあって、各選手、良い動きを見せた前半。高原のご挨拶ロングシュートも好判断だったし、とにかく中盤を圧倒的に支配して、自由自在の楽しいサッカーが展開されて、見ていて気分良かった。

ところが、後半PKで2-0としたところから、突如ラトビアがギアチェンジ。中盤を省略気味にガンガン押し込んできた挙げ句、セットプレーから同点。更には終了間際、中田浩二のナイスパス(笑)から、あっさり同点。ランキング的には格下とはいえ、欧州のチームから気持ちよく勝ち点3をあげるはずの試合が、まるで負け試合のような後味の、しょっぱいゲームになってしまった。

中田ヒデの「取れるときに取っておかないといけない」というコメントは、まあ一理あるとは言えるが、それよりも、相手の戦い方の変化についていけず、バタバタになったうえにミスを連発するというのは、代表チームとしては、さすがに寂しいものがある。

このチームは、一つの大会を粘り強く戦って行くことで、力が出せるタイプらしいから、こういう単発の試合では、結果が残せない宿命なのかもしれない。それがいいことかどうか分からないが、恐らく次のウクライナ戦では、そこそこの試合をしてくれそうな気はする。

そうそう、松井は良かった。この試合での、数少ない収穫の一つであろう。とはいえ、これでまた中盤の駒が増えてしまった(汗)

*********

久々A代表復帰の大久保は、イエローカードを一枚もらって、存在感をアピール。なにやってんだか(嘆)

|

« プロコフィエフを聴く:ヴァイオリン協奏曲 | トップページ | ビジネスマン的悪夢 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

大久保の「存在感」には同感です・笑
16(17?)試合出て無得点なんですね。「達也なんか2試合目でゴール決めたもんねぇ~!」と自慢気にテレビに向かって言ってしまいました(^^;)

投稿: くろ | 2005.10.10 20:20

大久保は、アテネ五輪の予選では、そこそこ活躍してたから、代表で無得点とは思いませんでした。
次回のテストマッチでは、まず間違いなく達也が呼ばれるでしょうから、しっかり代表FWの座を確実にして欲しいですよね。

投稿: yuji | 2005.10.12 02:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/6327057

この記事へのトラックバック一覧です: vs.ラトビア~決意の欧州遠征(は?):

» ラトヴィアvsニッポン@東欧遠征 [CLASSICA - What's New!]
●東欧遠征第1弾、ラトヴィアvsニッポン。国内でJリーグのオールスターゲームがあるため、海外組フル参戦+国内組限定参戦という珍しいパターンの代表に。小野はコンディション面の問題があるらしく控え、代わりに松井先発、初召集箕輪出番なし、中田コが左サイドバック、右は駒野。キーパーは土肥。川口と楢崎がベンチに並ぶのもめったにない光景。 GK:12...... [続きを読む]

受信: 2005.10.10 01:34

» ラトビア相手にドローかよ [芸能&スポーツ瓦版]
8日に行われた日本ーラトビアの試合は 前半に高原が先制ゴールを決め1−0にして そのまま前半は終了し後1点とって欲しかった 後半は中村俊輔のPKで2−0にして良かったが ラトビアに2点を取られ2−2のドローで終わった 2点取られたけど相変わらずセット....... [続きを読む]

受信: 2005.10.10 08:03

« プロコフィエフを聴く:ヴァイオリン協奏曲 | トップページ | ビジネスマン的悪夢 »