« ビジネスマン的悪夢 | トップページ | vs.ウクライナ~失意の欧州遠征 »

「Tears of Joy」~スイングしなけりゃ意味無いね、7拍子で♪

Tears of Joy

いつぞやドン・エリスの「Live at Monterey」買って以来、手持ちのMP3プレーヤーに放り込んで、何度も聞き返していたのだが、彼の他のアルバムを聴いてみたくなって、こいつをゲット。

このCDの存在はamazonで知ったのだが、たまたま先日寄った、ヨドバシAkibaのタワーレコードで現物を見つけたので、即買ってしまった。

で、現在はこいつがMP3プレーヤーの常連の一角を占めているわけだが、いや~、いいわ、これ。

「Live at Monterey」の衝撃にこそ及ばないものの、変拍子ジャズの奥義を究めたとでも言いたくなるような、圧巻のパフォーマンスが、2枚組全編を通して展開される。特にオープニングの「Tears of Joy」(7拍子)はゴキゲン。また、16分の33拍子と16分の36拍子が交錯する、「Bulgarian Bulge」におけるアンサンブルの危なっかしさ! 崩壊寸前のアンサンブルを、必死に持ち堪えようとする緊張感が素晴らしい(笑)

「ヒーリング・ミュージック」とやらも悪くはないが、たまにはこういう歯ごたえのある、爆発系の音楽を聴くのも、ストレス解消にはいいかも。かなりオススメである。

*********

このCDのライナーノーツ、なんとLPのものをそのままCDサイズに縮小したという、凶悪なシロモノ。とてもじゃないが、やや老眼入りつつある僕の裸眼では読めないので、子どもにルーペを借りて読んだ(泣)

|

« ビジネスマン的悪夢 | トップページ | vs.ウクライナ~失意の欧州遠征 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/6359791

この記事へのトラックバック一覧です: 「Tears of Joy」~スイングしなけりゃ意味無いね、7拍子で♪:

« ビジネスマン的悪夢 | トップページ | vs.ウクライナ~失意の欧州遠征 »