« 今週の豆:マンデリンG-1 | トップページ | 通算5ロブソン »

vs.サンフレッチェ(J1第24節)~浮上開始

レッズ 4-3 サンフレッチェ(NHK-BS)

優勝戦線に残るためには、どちらも負けられない一戦だったが、それに相応しい、モチベーションの高い引き締まったナイスゲームだった。もっとも、4-2から後は、かなりぐだぐだではあったが(笑)

サンフレッチェも他のチームと同様、しっかりとレッズ対策を打ってきた。ポンテを二人以上でマークし、レッズの両サイドが上がっている時には、その裏(特にアレックスの裏)を狙う。しかし、対するレッズも、啓太と長谷部がガウボンの前でボールをカットし、両サイドも不用意に上がらないようにバランス重視。双方しっかりしたゲームプランで試合に入り、ほぼそのプラン通りにプレーが続いていたように見えただけに、4-3という大量得点に終わるとは、予想もしなかった。

ただ、7得点のほとんどが、双方の集中が切れた時に生まれていたように思う。特にレッズの3失点は、どれもほんのちょっとの意識のズレみたいなものが原因だろう。そういう意味では、得点だけ見ると撃ち合いのぐだぐだゲームっぽいが、テレビで見ている限りでは、お互いが相手の隙を見逃さずにモノにしたような、見応えのある試合であった。

攻撃陣では、とにかく達也の動きが光った。得点こそなかったものの、ボールを受けてからの反転・切り返しのキレは素晴らしい。これであと少し、シュートの際に肩の力が抜けるようになれば、決定力もずっと高まるはずだ。

ポンテは相変わらず厳しいマークを受けてはいるが、そんな中でも、なんとかボールをさばいてチャンスメークし、ついでに1得点(通算5ロブソン・笑) 頼もしい限りだ。

守備陣では、闘莉王がしっかりと仕事。好パフォーマンスだっただけに、怪我での途中交代というのが心配だ。ネネは堅実・無難にプレーしたついでに、決勝点となった4点目のナイスヘッド。闘莉王と共に、セットプレーの武器が増えたのは大きい。一方、やや不安定だったのが坪井か。ポジショニングがちょっとズレてる感じだし、判断にも迷う時があったように見えた。早く修正できるといいのだが。

4-3というスコアは、少々みっともない気もしないでもないが、内容的には決して悪くない。大分戦で底を打ったレッズは、いよいよ浮上を開始した。

|

« 今週の豆:マンデリンG-1 | トップページ | 通算5ロブソン »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

勝ちましたね。良かった=3
ここからですよね!内容に関しては修正点もありますが、結果が出たのが何より。
次も勝ちましょう!

投稿: くろ | 2005.09.19 14:57

>くろさん
毎度コメントありがとう。もうね、大分戦で悪い面は全部出たかな、と。後は浮上するのみっす(超楽観)

投稿: yuji | 2005.09.21 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/6010267

この記事へのトラックバック一覧です: vs.サンフレッチェ(J1第24節)~浮上開始:

» サンフレッチェ広島3-4浦和レッズ  そしてルーカス [蹴って鳴らせ]
まず、昨日書いたルーカスだけど、退院して自宅静養ということらしいです。とりあえず [続きを読む]

受信: 2005.09.19 14:56

« 今週の豆:マンデリンG-1 | トップページ | 通算5ロブソン »