« vs.アントラーズ(J1第22節)~遅ればせながら、 | トップページ | ホンジュラス戦見逃し »

プロコフィエフを聴く:管弦楽曲集

プロコフィエフの管弦楽曲を集めたCDを探していたら、プロコフィエフ:管弦楽名曲集があったので、買ってみた。

CD1枚に、「ロミオとジュリエット」、「三つのオレンジへの恋」、「キージェ中尉」の三作品が収録されていて、なかなかお買い得・・・と思ったら、「ロミオとジュリエット」と「三つのオレンジへの恋」は、通常の組曲からさらにフェドセーエフ自身が抜粋したバージョンということだった。いいのか悪いのか良く分からないが、ま、入門用CDだと割り切ればいいのだろう。たぶん。(「キージェ中尉」は全曲収録)

それはともかく、三曲とも面白い! メロディーがなじみやすいのはもちろんだが、独特な転調の仕方により、一つの曲調が、次々に表情を変えていくのが楽しい。こういう作曲家に、現代のハリウッドの大作映画音楽を作曲してもらったら、さぞかしものすごいことになっていただろうにと思うと、残念ではある。

フェドセーエフ/モスクワ放送響の演奏は、曲の楽しさや面白さを前面に出した、なかなかの好演。強奏部の迫力も満点だが、繊細な表情付けも細やかで、気持ちよく聴いていられる。聴き応えのある一枚であった。

|

« vs.アントラーズ(J1第22節)~遅ればせながら、 | トップページ | ホンジュラス戦見逃し »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/5823174

この記事へのトラックバック一覧です: プロコフィエフを聴く:管弦楽曲集:

« vs.アントラーズ(J1第22節)~遅ればせながら、 | トップページ | ホンジュラス戦見逃し »