« 「ダイスをころがせ!」~選挙へ行こう! | トップページ | 「八月のクリスマス」~韓流の源流 »

vs.韓国(東アジア選手権、男子・女子)←遅い

・女子
日本 0-0 韓国(テレビ朝日)

運動量とボールキープで、終始韓国を圧倒したなでしこジャパンであったが、最後までゴールは割れず、スコアレスドロー。結局、三試合を戦って、一敗二引き分け、無得点という結果に終わってしまった。

勝てそうな試合展開だっただけに惜しかったが、それにしても、攻守に活躍した澤をはじめ、どの選手も実に良く走った。前半、かなり飛ばしている様子だったので、後半はさすがにバテるかと思ったのだが、ほぼ同様の運動量で90分プレーし続けたことは、賞賛に値する。

何故かレッズ系ブロガー全員が気にしている(笑)川上直子は、残念ながら出番無し。しかし、誰にせよ「気になる選手」というのがいると、代表チームも応援のしがいがあるというものだろう。今後はもう少し注意して、女子代表をウォッチしていこうと思う←不純な動機の例

*********

・男子
日本 1-0 韓国

えーと、控え組のテストというか、バックアップ選手育成に、今大会の目的を切り替えたんだと思ってたんだが、何故かレギュラー組の中澤と小笠原が出てきて、その二人で決勝点。となると、この韓国戦で得たものというのは、いったい何だったんだろう?

それはともかく、何とも見所の少ない一戦ではあった。序盤、日本に三点差以上つけて勝てば優勝という韓国が、かなり積極的に攻めてきたのだが、このメンバーでは二戦目の日本は、守備の連係もだいぶ取れてきて、韓国の攻撃をしっかりと跳ね返し続ける。そうこうするうち、どうも韓国側が、「三点以上はさすがにムリだよなー。でも、日本に負けるのはヤだし、もうちょっと頑張るか」状態から、ついには「あー、なんかもう勝てる気しねー。とりあえず負けなきゃいいかー」状態になったところへ、まさかの決勝点。終わってみれば、ホスト国でありながら、今大会最下位となってしまった。

マスコミの論調は、「新戦力の活躍もあって、レギュラー争いが活性化した」といったポジティブなものが主流みたいだが、果たしてそうなんだろうか? その意味では、消化試合となった次のイラン戦に、どんなテーマをもって臨むのかが、いくらか興味のあるところだ。

*********

「宿命の日韓対決」、「魂のぶつかり合い」、「まさに死闘」、「絶対に負けられない」・・・わかったから、ちゃんと実況してくれ>テレ朝 選手間違えたり、ファールの種類(何故試合が止まったか)が分からなかったりじゃ、全然実況の意味が無いじゃないか(鬱) あと、松木は早いところ日テレに引き取ってもらって、深夜のヴェルディ戦中継録画で解説してもらえばよろしいかと。

|

« 「ダイスをころがせ!」~選挙へ行こう! | トップページ | 「八月のクリスマス」~韓流の源流 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15752/5374093

この記事へのトラックバック一覧です: vs.韓国(東アジア選手権、男子・女子)←遅い:

» ニッポンvs韓国@東アジア大会 [CLASSICA - What's New!]
●中国戦に続いて控え組み中心の先発。ていうか、3試合中2試合に出たんだからこっちがレギュラー組というべきか。土肥、駒野、坪井、茶野、茂庭、村井、阿部、今野、本山、巻、玉田。1-0でニッポン勝利。 ●しかし日韓戦だというのになんだか低調な試合になってしまった。いや、もちろん途中から出てきた小笠原のコーナーキックに、やっぱり途中から出てきた中澤が技巧的なシュートを決めたときには力強くガッツポーズとりながらシャウトしたっすよ、街中に聞こえるくらいの大声で(ややウソ)。でも、大会自体のレベルがこんなんでよか... [続きを読む]

受信: 2005.08.09 04:55

« 「ダイスをころがせ!」~選挙へ行こう! | トップページ | 「八月のクリスマス」~韓流の源流 »